カープ

19年決算、8年ぶりの減収 リーグ4位響く

2020/3/23

 広島東洋カープは23日、広島市内のホテルで株主総会を開き、2019年の決算を承認した。4連覇を逃して4位に終わった成績が響き、売上高は前年比約20億4千万円減の169億225万円。8年ぶりの減収となった。当期利益は同約4億4300万円減の4億8726万円だった。

 入場料収入は57億9500万円。本拠地マツダスタジアムでクライマックスシリーズ(CS)3試合を開催した18年に比べ、2億500万円減となった。グッズ収入も、優勝記念グッズや新井貴浩氏の引退記念グッズを販売した前年から12億2400万円減となる36億4400万円だった。

 当期利益は3年連続で減益となったものの、初優勝した1975年から45年連続の黒字となった。

 球団創立70周年のことしは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で先行きが不透明。松田元オーナーは「(設立当初の)先人の苦労をかみしめながら、ファンの皆さまに喜んでもらえるような強いチームづくりに向けて投資していく」と話した。(友岡真彦)


 あなたにおすすめの記事

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

話題の最新記事
一覧

  • 【きょうは何の日】2001年7月12日 (7/11)

     新人の岡上和典が、同点を呼ぶ好走塁でデビューした。ナゴヤドームの中日戦、九回に代走で初出場。2死二塁、遊撃内野安打で抜け目なく本塁を奪った。

  • 遠藤、今季初勝利を目指し中日戦に先発 (7/11)

     遠藤が今季初勝利を目指し、12日の中日戦に先発する。ここまで0勝1敗。特に前回の5日の阪神戦は5回で8失点を喫したことを反省している。「慎重になりすぎた部分もあり、変化球が多くなった。カウントを悪く...

  • 森下が出場登録抹消 コンディション不良 (7/10)

     広島の森下暢仁投手(22)が10日、コンディション不良のため出場選手登録を抹消された。9日のDeNA戦(マツダ)で雨の中、5回で122球投げ、2失点。試合後に不調を訴えたが、病院には行かなかった。今...

  • 11日先発の床田「いつもより低め意識する」 (7/10)

     床田が11日の中日戦(ナゴヤドーム)に予告先発する。「練習でやってきたことを出せれば、いい結果もついてくると思うので自信を持って試合に臨みたい」と登板3試合目で、今季初勝利を目指す。

  • 【きょうは何の日】1966年7月11日 (7/10)

     東京の文化人が「広島カープを優勝させる会」を結成した。漫画家の富永一朗氏は阿南準郎の小学校の恩師。互角だった野球の腕は「いまは彼がちょっと上」