カープ

【堂林翔太ロングインタビュー】<上>

2020/4/5
堂林翔太内野手

堂林翔太内野手

■大砲候補、11年目の挑戦 一塁争い、攻守で好調

 広島東洋カープの堂林翔太内野手(28)が、雌伏の時代を経て、勝負のシーズンに向かう。大砲候補としての期待を背負いながら、伸び悩んできたが、11年目の今季はオープン戦の序盤から打撃好調。再ブレークを待ち続けたファンの期待に応える活躍を誓う。(川手寿志)

 ―春季キャンプからバットで結果を残しています。好調の要因を教えてください。

 順調にはきている。いい方向に自分の中でも向かっていると思う。例年以上に自分でもしっかりバットを振ることを意識してきた。(2次キャンプの)沖縄に行ってからも暖かかったので、しっかり振ってさらに体をつくることができた。

 ―実戦の打席でも、しっかり振りにいく姿勢が印象的です。

 キャンプでバットが振れたので、そのままオープン戦に入っても、その形で初球から打ちにいけている。追い込まれてからも、そこまで変に小さくならないようにしている。自分のスイングを心掛けている。その中で結果、軽打になることはありますね。

 ―技術的なことや気持ちの持ち方などで昨年と違いはありますか。

 正直、あまり大きく変わっていない。(1月に鈴木)誠也や野間(峻祥)と一緒に自主トレーニングをやって、自分の中で刺激を受けた部分もある。いい方向にいけたのかなと思う。

 ―鈴木選手らと自主トレをしようと思ったのはなぜですか。

 野間は(マツダスタジアムの)ロッカーが隣なんで。「誠也らと自主トレをやろうと思っているんですよね」と聞いたので「俺も行っていい」って。嫁さんに相談してすぐオッケーをもらった。メンバーは全員年下ですけど、よく接するメンバーだったので飛び込みやすかった。

 ―どんな刺激を受けましたか。

 今までより、話を聞く時間も多かった。誠也に関してはいろんな引き出しが多いなというのは感じた。話を聞きながら、身近でできたのが大きかった。

 ―何か気付いたことはありますか。

 (調子が)いい時は誰でもいい。悪くなった時の意識の仕方。こうなったら、こういう意識を持ちますとか。なかなか難しいことなんですが、(鈴木は)臨機応変にいろいろなことをやっている。悪くなった時の引き出しが多い。だから(調子の)波が少ないというのは感じましたね。チェックポイントもそうですし、すごく自分のことを知っているなと思った。(自分を)客観的に見られているのがすごい。(僕は)ここが悪くなると、2カ所とか意識してしまう。誠也は1カ所、ずっとそこばかり集中してできる。だから(調子を取り戻すのが)早いんだろうなと。あっちこっちいかずに、そこに集中して。

 ―鈴木選手とは個々の打撃理論を尊重しながら話し合っているそうですね。

 誠也は永井(敦士)に教えている時も、何が合うんだろうって考えながらいろんなことを言っていた。あとは本人が理解するか理解しないかの問題。その中でチョイスすることが大事になる。

 どうばやし・しょうた 1991年8月17日生まれ。183センチ、88キロ。右投げ右打ち。愛知県豊田市出身。愛知・中京大中京高3年時に「エース兼4番」として夏の甲子園で優勝。ドラフト2位で2010年に入団した。3年目の12年に1軍に抜てきされ、全144試合に出場し、打率2割4分2厘、チーム最多の14本塁打をマーク。日本代表にも選ばれた。13年、背番号「13」から、野村謙二郎監督が現役時代に着けていた「7」に変更。同年以降は打撃の確実性を欠いて伸び悩み、出場機会を減らした。


【堂林翔太ロングインタビュー】<中>
「打撃も守備も、結局、新井さんの理論になる」

【堂林翔太ロングインタビュー】<下>
「ファンの声援、すごくありがたいこと」


この記事の写真

  • 堂林翔太内野手

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 【きょうは何の日】1990年8月16日 (8/15)

     高木宣宏が1572日ぶりの白星を完投で手にした。左肩を痛め、88年は練習生で契約。試練を乗り越え、緩急に富む166球で中日戦(広島)を制した。

  • 【きょうは何の日】2007年8月15日 (8/14)

     二塁手の山崎浩司が隠し球を決めた。巨人と同点の七回1死二、三塁、二塁走者の阿部慎之助に忍び寄りタッチアウト。機転を利かせ、サヨナラ勝ちを呼ぶ。

  • 初陣の佐々岡監督、苦悩の序盤 平成以降、45試合消化で貯金は7人中2人 (8/14)

     初陣の佐々岡真司監督が率いる広島は45試合消化で18勝23敗4分けと、もたついている。序盤は勝ち試合の継投策の確立に苦しみ、ここ10試合は6勝4敗と乗り切れない。広島の平成(1989年)以降の歴代監...

  • 森下、大瀬良が阪神戦に向け意気込み (8/14)

     5位に沈む広島の2人の右腕が、14日からの阪神戦(京セラドーム大阪)でチームを勢いに乗せる。1週間前の7、8日の対戦で2連勝した時と同じ森下、大瀬良の順で先発。森下は「しっかり投げ切れれば抑えられる...

  • 甲子園での交流試合、しっかりチェック スカウト陣 (8/14)

     広島のスカウト陣は10日に開幕した2020年甲子園高校野球交流試合で、有力選手をチェックしている。新型コロナウイルスの影響でスカウト活動が制限されたこともあり、選手を発掘する貴重な場となる。