カープ

<13> 1999年7月13日 球団タイの13連敗 投壊・故障…歯車狂う

2020/4/18

 ▽「一人で何でもできると思ったら大間違いだった」達川監督

 カープにはさっぱり勝てない時代があった。というよりも、勝てない時代の方がはるかに長い。連敗の球団ワーストは13。創立した1950年の秋、戦力不足をさらけ出すように負け続けている。2度目は1999年、6月から7月へかけての黒星街道。投壊、故障者続出、ミスの連鎖、ベンチに吹く隙間風…。狂った歯車はことごとくかみ合わず、不名誉な球団タイ記録が生まれた。
(ここまで 204文字/記事全文 1599文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 球団ワーストタイの13連敗目前、九回の攻撃を見つめる達川監督=中央(1999年7月13日)
  • 1点リードの八回2死満塁、逆転2点打を浴びた佐々岡(18)と西山秀二(左から2人目)のバッテリー(1999年7月13日)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

カープ70周年 あの日あの時の最新記事
一覧