カープ

【1976年連載「赤ヘル新しい仲間」】 <4> 萩原康弘(外野手)=巨人から移籍

2020/4/24

 ▽熟練の技 代打の切り札に

 白い肌。ふっくらした頭だち。一見、歌舞伎の女形だ。まったく屈託がない。「都落ち」といったかげりのないのは救いだ。むしろV1チームに移籍したことを喜んでいるふうである。「小俣? そんな名前、聞いたこともない。バッティング投手と交換なんて」。移籍が決まった際に、そんなせりふを吐いたとか吐かなかったとか。てっきり広島行きを嫌って、と思われたが、これがまるで違っていた。
(ここまで 197文字/記事全文 914文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 左の代打として活躍した萩原
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

球団70年を彩った男たちの最新記事
一覧