カープ

<1>野村謙二郎

2020/4/30

 ▽燃えるチームリーダー

 他人に厳しく、自分にはより厳しい。野村謙二郎はライバルや対戦相手だけでなく、己自身に対して闘争心を燃やした。「野村が泥だらけで頑張っているから、僕も頑張ろう。見る人たちに、そう思ってもらえる選手であり続けたい」。背番号7で戦った17年、ひたすら熱く駆け抜けた。

 打って、守って、走って、叫んで、時には仲間を叱り飛ばした。「すべて勝つためなんだよ」。勝利のためならば、率先して嫌われ者にもなる。そんな究極の自己犠牲精神を若き日から発揮し、気付けばチームリーダーと呼ばれていた。

 勝利を求めて泥くさく積み上げた数字は、野村を華やかなスターへ押し上げた。入団6年目の1994年までにリーグ最多安打は2度、盗塁王は3度獲得。球団記録(当時)のシーズン173安打で3度目のリーグ最多安打に輝いた95年は、打率3割1分5厘、32本塁打、30盗塁をマーク。セでは45年ぶりとなる「トリプルスリー」を達成した。

 打てて、一発があり、果敢に走れる。28歳の野村は「大リーグに最も近い野手」と評価された。2年後の97年にメジャー新球団の誘いを受け、フリーエージェント(FA)権を獲得。日本人野手では初となる大リーグ移籍へ、挑戦の炎は燃え盛るとともに、激しく揺らいでもいた。熟考した末、シーズン終了直後に広島残留を表明した。「勝ちたい」―。そこには栄誉や名声ではなく、「カープで」という条件が欠かせなかった。

 2000年の開幕直後に左太ももを肉離れして以降は、大きなけがの繰り返し。衰える肉体との闘いを支えたのは、通算2千安打という大記録だった。自費製作した「カウントダウンTシャツ」のプレゼントを04年、残り143本で始める。1安打すれば、10枚の赤いTシャツがファンの手元へ届く。誰かを励まし続けた男は、誰かが喜ぶ姿を励みに一歩ずつ前進。生え抜きでは衣笠祥雄と山本浩二に続く、球団3人目の偉業へたどり着いた。

 05年秋、赤く染まった広島市民球場の引退試合で「野球はいいもんだぞ。野球は楽しいぞ」とあいさつ。ふと目に入った少年の姿に、湧き上がる感情を言葉に乗せた。「寂しさの裏返しだろうね。僕自身はもう、野球選手として戦うことはできなくなるのだから」。次代を担う子供たちを温かく励まし、プレーヤーとしての歩みを止めた。(山本修)

 のむら・けんじろう 1966年生まれ。大分・佐伯鶴城高、駒大を経て89年にドラフト1位で入団。2年目から遊撃に定着して看板選手となり、3度のベストナイン、1度のゴールデングラブ賞に輝く。通算2000安打を遂げた2005年に引退。通算成績は打率2割8分5厘、2020安打、169本塁打、765打点、250盗塁。10年から5年間監督を務め、13年に初のクライマックスシリーズ進出を果たした。

    ◇

 創立70周年を迎えた広島は、ナインのひたむきな一投一打がファンの心を震わせてきた。2000年以降は低迷が長引き、新たな本拠地で力を蓄え、球団初のリーグ3連覇を遂げた。カープの「近代史」を支えてきた選手を紹介する。

 ※1950〜90年代に活躍した選手の「よみがえる熱球 アーカイブ編」はこちら


この記事の写真

  • プレーと言葉に勝利への執念をにじませ、ナインを鼓舞し続けた野村

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ

 あなたにおすすめの記事

よみがえる熱球の最新記事
一覧

  • <31>黒田博樹 (11/9)

     ▽覚悟と生きざま、伝説に カープを応援する人もそうでない人も、その生きざまに心を動かされた。弱小球団のエースから「世界のKURODA」となり、やがて付けられた価値は年俸20億円。そのオファーを蹴って...

  • <30>新井貴浩 (11/2)

     ▽猛練習土台 真の4番に 球団史で最も罵声を浴びた選手かもしれない。苦しんだ4番時代はがらがらの客席からやじられ、縦じまのユニホームで現れるとブーイングの嵐。だからだろう。新井貴浩は「2015年の復...

  • <29>ブラッド・エルドレッド (10/26)

     ▽腕力と胆力 負け癖払う どでかい一発を放つ腕力を備え、仲間に一喝を入れる胆力も持ち合わせた。ブラッド・エルドレッドは常に思い切りよくバットを振り、時に個人主義へ走りがちな米国選手へ熱弁を振るった。...

  • <28>東出輝裕 (10/19)

     ▽打撃に心血 拙守を挽回 戸惑いこそが人生だとすれば、東出輝裕のプロ人生はのっけから佳境を迎える。投手として甲子園で活躍し、1999年に新世紀の正遊撃手候補としてドラフト1位入団。「高校時代は好きに...

  • <27>コルビー・ルイス (10/12)

     ▽「黒田の穴」埋めた剛腕 人は本当に苦しい時、神仏の力にすがりたくなる。2008年のカープファンもそうだった。エースの黒田博樹が海を渡り、4番の新井貴浩が阪神へ移籍。お先真っ暗の闇を、コルビー・ルイ...