• トップ >
  • カープ >
  • 話題 >
  • 森下暢仁投手ロングインタビュー <下> 即戦力の大型新人の胸中は

カープ

森下暢仁投手ロングインタビュー <下> 即戦力の大型新人の胸中は

2020/5/6 16:44

■「まずは先発ローテーションに入って勝つ。早く1勝したい」

 ―投球フォームの連続写真を用意しました。きれいなフォームと評判ですが、どう感じますか。

 どうでしょうかね。ピッチングで何が正解かは分からない。この投げ方でいいか悪いかは自分が決めることではないし、分からない。何がいいんですかね。

 関連記事「森下暢仁投手ロングインタビュー <上> ドラ1右腕、大器の予感」

 ―投げる時に意識している点は。

 まずは右脚でしっかり立つこと。(踏み込んだ後は)左脚の内股関節で絞れるようなイメージ。チェックポイントを意識して、後は強い球を投げようと思っている。

 ―自分の性格を一言で表現するとどうなりますか。

 自分がやりやすいようにやっていく、というタイプかな。人に合わせることもできるけど、周囲に流されないことが多いかもしれない。多少、人見知りもある。
(ここまで 370文字/記事全文 2082文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 広島に赤い球春 今季初のオープン戦 (3/6)

     広島東洋カープは6日、広島市南区のマツダスタジアムで今季初のオープン戦となるヤクルト戦に臨み、1―0で勝った。【デジタルアルバム】カープ 大瀬良大地投手 開幕投手に指名された大瀬良大地が先発し、4回...

  • 【きょうは何の日】1965年3月7日 (3/6)

     長谷川良平の引退式が広島市民球場であった。14年間で621試合、213完投、197勝208敗、防御率2・65の「小さな大エース」が、万雷の拍手を浴びた。

  • 西川と高橋大、1軍に合流 (3/6)

     広島の西川と高橋大が6日、1軍に合流した。マツダスタジアムで外野ノックやフリー打撃など、通常メニューを消化。午後1時からのヤクルトとのオープン戦に臨む。 西川は昨年11月に右足を手術。春季キャンプは...

  • 6日のヤクルト戦、観客入れ開催 マツスタ、オープン戦 (3/5)

     広島は6日、マツダスタジアムでオープン戦の初戦となるヤクルト戦に臨む。春季キャンプ中の練習試合とは違い、観客を入れて開催する。

  • 開幕担う大瀬良、中日先発決まり気合 (3/5)

     開幕投手に指名されている広島の大瀬良が5日、気合を入れ直した。26日の開幕戦で当たる中日の先発が福谷に決定。「マツダスタジアムでいい投球をされている印象がある」と表情を引き締めた。