カープ

練習で体力維持、実戦感覚取り戻す工夫も

2020/5/8 20:04
投球練習する大瀬良(手前)の後ろでノックを受ける森下(左から2人目)ら投手陣(撮影・河合佑樹)

投球練習する大瀬良(手前)の後ろでノックを受ける森下(左から2人目)ら投手陣(撮影・河合佑樹)

 広島が投手と野手を分けて練習する方式となり、8日で1カ月が過ぎた。選手はマツダスタジアムで1日おきに2時間のメニューをこなし、キャンプ、オープン戦で蓄えた体力を何とか維持している。課題は、実戦から遠ざかることによる感覚のずれ。技術を上げるのは難しい面もある。
(ここまで 130文字/記事全文 580文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 佐々岡監督、薮田をフォロー 紅白戦で大乱調「小手先に見えた」 (2/26)

     佐々岡監督が、25日の紅白戦で大乱調だった薮田をフォローした。一夜明けた26日、ブルペンで94球を投げ込み必死に修正しようとする姿を見守り、身ぶり手ぶりでアドバイス。腕の振り方や、左脚にしっかりと体...

  • 栗林、予定の倍の61球投げ込み 制球に難「満足いかなかった」 (2/26)

     栗林が26日のブルペンで、予定の倍となる61球を投げ込んだ。「30球くらいで終わろうと思ったけれど、満足いかなかった。(フォームの)バランスがあまりよくなくて、制球がつかなかった」と振り返った。

  • クロン、日本人投手に苦慮 17打数2安打「打席重ねれば大丈夫」 (2/26)

     新外国人のクロンが日本人投手への対応に苦慮している。練習試合は全5試合に先発し17打数2安打、打率1割1分8厘。本領を発揮できていない。「外の変化球に手を出している。(投手との)タイミングが合ってく...

  • 曽根と上本、異例のキャッチャー練習 (2/26)

     内野手登録の2人にとって異例のメニューだった。広島の曽根、上本が26日、早出で今キャンプ初めて捕手の練習に臨んだ。 沖縄市のコザしんきんスタジアム隣の屋内練習場でウオーミングアップを終えると、レガー...

  • 堂林、打って走って順調な仕上がり (2/26)

     広島の堂林が順調な仕上がりを見せている。練習試合は9打数3安打。5試合のうち4試合に先発出場し、23日の中日戦では一発も放った。「自分の中でも課題がある。課題と向き合ってやっていけたら」と一喜一憂し...