カープ

【1978年連載「走れ! 若ゴイ」】 <4> 下地勝治(投手)=ドラフト2位

2020/5/13 20:40

 ▽安仁屋に次ぐ沖縄の星

 「ウーン、かなりやってきているなぁ」。ナインより遅れて日南入りした下地の動きを見て若生コーチが感嘆の声を上げた。いきなり同じスケジュールをこなすのは難しいと思われたが、全く苦にせずついていっている。聞けば沖縄はすでに気温が25度にも上る日があるという。そこで連日3時間もトレーニングをやっていたのだから、当然ではある。
(ここまで 172文字/記事全文 826文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 人気も期待も高かったが、1軍登板なくユニホームを脱いだ下地
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

球団70年を彩った男たちの最新記事
一覧