カープ

【エール ジュニアアスリートへ】<1>

2020/5/14 8:08

 新型コロナウイルスの影響で、ジュニア年代のアスリートの晴れ舞台が相次いで消えた。全国中学校体育大会や全国高校総体(インターハイ)をはじめ、県レベルの大会も中止が決定。高校野球では春の選抜大会が中止となり、夏の全国選手権大会も不透明な状況だ。失意と不安の中にある中高生アスリートへ、さまざまな試練を乗り越えてきたトップアスリートが自身の経験を交えエールを送る。

 ▽乗り越えられる、信じて 広島東洋カープ 鈴木誠也(25)

 もしも今、僕が高校3年生で、最後の大会がなくなったら、どうしただろう。きっと家で遊んでいると思う。新型コロナウイルスの感染を広げてもいけない。元々、きつい練習で追い込むことが好きではなかった。「あー、終わった」という感じだっただろう。

 僕と違って、今の学生は意識が高い。3年間の練習の成果を出す舞台がないのはとてもつらい。ただ、僕はしんどいことがあっても挫折とは感じなかった。最後の夏に(東東京大会で)負けた時も甲子園組に負けないようにしよう、次の世界で活躍してやろう、と考えていた。

 今季、プロ野球の開幕が決まらない。制限がある練習でも自分を追い込める。今日はこれをやる。終われば、次の課題を見つける。意識を持てば、練習内容も変わる。挫折と捉えれば、全てが挫折になるが、困難とはその人が乗り越えられる壁だと思う。そう信じて乗り越えてほしい。(聞き手は五反田康彦)

 すずき・せいや 1994年8月18日生まれ、東京都荒川区出身。東京・二松学舎大付高から2013年、ドラフト2位で入団。昨季は4年連続の打率3割超えとなる3割3分5厘で首位打者を獲得。日本代表でも中軸を打ち、東京五輪での活躍も期待される。

 ▽高3、つらい気持ち共感 エディオン女子陸上部 木村文子(31)

 高校3年生の皆さんには簡単に「頑張って」や「切り替えて」とは言えない。集大成として目指してきた大会がなくなるのは本当につらい。東京五輪の延期で、私も切り替える難しさを身をもって感じたから。

 思い切り落ち込むことも大切だと思う。それだけ真剣に取り組んできた証しだから。目標が陸上以外に変わった時にも、きっとその力を注いでいける。全てが無駄になったとは思ってほしくない。

 最終学年以外の中高生の皆さんには、今の時間の使い方を大事にしてほしい。私の経験上、満足に練習できなかった次のシーズンに良い成績が出せることがある。自分の弱点を強化し、後回しにしがちな練習を重ねる機会にできると思う。

 今季の計画は白紙になったけど、できるならば小さな記録会で高校3年生と一緒に走りたい。気持ちを共感し合える仲間なので。(聞き手は加納優)

 きむら・あやこ 1988年6月11日生まれ、広島市安佐北区出身。広島・祇園北高3年時のインターハイ走り幅跳びで優勝、100メートル障害は8位。横浜国大を経てエディオン入社後に100メートル障害に専念し、2012年ロンドン五輪や2度の世界選手権に出場した。 


 <2>サンフレッチェ広島 佐々木翔/イズミメイプルレッズ 堀川真奈

 <3>JTサンダーズ広島 小野寺太志/エディオンアーチェリー部 菊地栄樹

 <4>中国電力陸上部 岡本直己/コカ・コーラレッドスパークス 金藤祥子

 <5>広島ドラゴンフライズ 古野拓巳/どんぐり北広島 高橋乃綾



  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 【きょうは何の日】1977年3月8日 (3/7)

     軟式出身のテスト生左腕、大野豊の入団を発表した。背番号60の21歳は「4年後をめどに頑張る」。この秋にデビュー、球団最多の707試合登板へ歩み始める。

  • 広島に赤い球春 今季初のオープン戦 (3/6)

     広島東洋カープは6日、広島市南区のマツダスタジアムで今季初のオープン戦となるヤクルト戦に臨み、1―0で勝った。【デジタルアルバム】カープ 大瀬良大地投手 開幕投手に指名された大瀬良大地が先発し、4回...

  • 【きょうは何の日】1965年3月7日 (3/6)

     長谷川良平の引退式が広島市民球場であった。14年間で621試合、213完投、197勝208敗、防御率2・65の「小さな大エース」が、万雷の拍手を浴びた。

  • 西川と高橋大、1軍に合流 (3/6)

     広島の西川と高橋大が6日、1軍に合流した。マツダスタジアムで外野ノックやフリー打撃など、通常メニューを消化。午後1時からのヤクルトとのオープン戦に臨む。 西川は昨年11月に右足を手術。春季キャンプは...

  • 6日のヤクルト戦、観客入れ開催 マツスタ、オープン戦 (3/5)

     広島は6日、マツダスタジアムでオープン戦の初戦となるヤクルト戦に臨む。春季キャンプ中の練習試合とは違い、観客を入れて開催する。