カープ

<18> 2009年4月10日 新球場誕生 地域一丸、ボールパーク

2020/5/23 21:44

 ▽「野球が分からない人でも楽しめるように。進化する」松田オーナー

 球場は光り輝いていた。独自性を求めた球団、工夫を重ねた設計者、資金援助した経済界やファン。彼らの情熱の結晶だったからだ。栗原健太は「それまで日本にはなかった、米国の球場のような雰囲気」と第一印象を語る。新広島市民球場(マツダスタジアム)で公式戦初戦が開催された2009年4月10日、新たな歴史の幕が上がった。
(ここまで 188文字/記事全文 1901文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • こけら落としの一戦に沸くマツダスタジアム(2009年4月10日)
  • 2006年10月3日
  • 2007年11月26日
  • 2008年3月6日
  • 2008年7月8日
  • 2008年11月13日
  • 2009年3月26日
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

カープ70周年 あの日あの時の最新記事
一覧