カープ

フランスア、5失点 乏しい球威

2020/5/30 18:50
鈴木(奥)に適時二塁打を浴びるなど、1回5失点だったフランスア(撮影・河合佑樹)

鈴木(奥)に適時二塁打を浴びるなど、1回5失点だったフランスア(撮影・河合佑樹)

 守護神候補のフランスアが大きくつまずいた。2―2の七回に登板し、5長短打を浴びて5失点。「きょうは苦しかった。速い球もあったが、弱い球が多く、打たれてしまった」。最速は149キロをマークしたものの、球威が乏しく、さえない表情で振り返った。

 先頭の長野に四球を与えるとリズムを乱した。続く鈴木に初球の直球を捉えられ、左中間フェンス直撃の適時二塁打。制球も甘く、小窪と石原にも逆方向へ適時二塁打を浴びた。「もう少し厳しく投げないといけなかった」と猛省した。
(ここまで 227文字/記事全文 489文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 「4番打者」9試合ぶりの打点 4番の打点は4月29日以来 (5/14)

    【広島―DeNA】(14日、マツダ) 広島東洋カープの「4番打者」が、9試合ぶりの打点を挙げた。 この日は松山竜平が今季2度目の4番に座った。3―2の四回2死満塁で打席に入ると、フルカウントから中前に...

  • 7番小園、積極スイングで先制打 (5/14)

    【広島―DeNA】(14日、マツダ) 広島東洋カープが7試合ぶりの先制点を奪い、連続イニング無得点を21で止めた。 二回に相手の失策で得た無死二、三塁で、7番小園海斗が初球から積極的にスイング。一、二...

  • 【きょうは何の日】2015年5月15日 (5/14)

     田中広輔が2試合連続の先頭打者本塁打をマークした。DeNA戦(マツダ)で山口俊から中越え。広島では08年4月の赤松真人以来、7年ぶり7人目の記録だった。

  • 大瀬良、18日からの巨人戦で先発濃厚に (5/14)

     1軍に合流した広島東洋カープの大瀬良大地が、18日からの巨人2連戦(東京ドーム)で先発することが濃厚となった。現状、5人で構成する先発陣で、玉村昇悟が14日に出場選手登録を抹消されたため。 右ふくら...

  • 15日予告先発の九里「先頭打者をきっちり打ち取る」 (5/14)

     広島の九里が、15日のDeNA戦(マツダ)に予告先発する。ソトやオースティンらを擁する強力打線との対戦に向け、「走者をためて一発というのが大量失点につながる。先頭打者をきっちり打ち取っていきながら、...