カープ

佐々岡監督、腕の見せどころは

2020/6/18 22:39
調整を見守る佐々岡監督=手前(撮影・山本誉)

調整を見守る佐々岡監督=手前(撮影・山本誉)

 広島の佐々岡監督は正直に、胸中を明かした。「ことしは選手のときと同じように緊張すると思う」。気持ちの高ぶりは、現役時代に4度登った開幕マウンド並みだという。いよいよ戦いが始まる。
(ここまで 90文字/記事全文 495文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 今季8度目の無得点で引き分け 栗林は16試合連続無失点 (5/12)

    【ヤクルト0―0広島】(12日、神宮) 広島東洋カープは先発森下暢仁を援護できず、今季8度目の無得点に終わって引き分けた。 序盤の好機を生かせなかった。一回2死一、二塁では初めて5番に座ったクロンが空...

  • 森下、7回無失点の熱投も打線の援護なし 4勝目ならず (5/12)

    【ヤクルト―広島】(12日、神宮) 広島東洋カープの森下暢仁が熱投を見せた。今季最多の127球で7回無失点。0―0の八回に交代したため、4勝目はならなかった。 プロ入り後最多となる6四球を与えるなど制...

  • 菊池3・4月MVP セ首位の打率3割5分2厘 (5/12)

     セ、パ両リーグは12日、3、4月の月間最優秀選手(MVP)を発表し、セは広島の菊池と巨人の高橋、パはロッテのマーティンと楽天の涌井が選ばれた。菊池は3度目で涌井は5度目。高橋とマーティンは初受賞。

  • 菊池MVP、開幕戦3安打で「気持ち楽に」 (5/12)

     菊池は5年ぶりのMVP受賞をしみじみと喜んだ。「(受賞するのが)難しい賞だと思う。本当に素直にうれしい」とにこやかに話した。

  • 【きょうは何の日】1984年5月13日 (5/12)

     津田恒美が投手では球団初の満塁本塁打を放った。長崎のヤクルト戦、5―4の五回に「当てることだけ」を心掛けて右翼席上段へ。大量リードで完投勝利を挙げた。