カープ

<14>木村拓也

2020/6/29

 ▽不屈「究極の万能選手」

 多芸は無芸に等しいプロ球界を、投手以外の全てをこなす万能ぶりで生き抜いた。両打ちも習得した木村拓也は「常にチームが自分に何を求めているかを考えている。試合に出るためなら、何でもやる」と代役でも、脇役でも、明るく前向き。秀でた器用さで、ユーティリティープレーヤーという一芸を極めた。
(ここまで 154文字/記事全文 1200文字)

 ※1950〜90年代に活躍した選手の「よみがえる熱球 アーカイブ編」はこちら

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 内外野のどこでも守れ、二塁で出場機会を増やした木村(2002年3月19日)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

よみがえる熱球の最新記事
一覧

  • <15>梵英心 (7/6)

     ▽不言実行、気迫プレーも 走攻守の全てを誇示した梵英心は、喜怒哀楽の表現を全て固辞した。淡々と走り、黙々と打ち、粛々と守る。「気持ちを出してしまうと、ミスした時や負けた時のダメージが何倍にも膨れる。...

  • <14>木村拓也 (6/29)

     ▽不屈「究極の万能選手」 多芸は無芸に等しいプロ球界を、投手以外の全てをこなす万能ぶりで生き抜いた。両打ちも習得した木村拓也は「常にチームが自分に何を求めているかを考えている。試合に出るためなら、何...

  • <13>前田智徳 (6/22)

     ▽故障と歩んだ天才打者 寡黙で孤高な「侍」は、剣豪を引き合いに出して24年の現役生活を顧みる。「不本意な野球人生。道半ば、敗れたり。(宮本)武蔵にはなれなかった」。打撃の道を究めたかった前田智徳にと...

  • <12>沢崎俊和 (6/15)

     ▽鮮烈な輝き 故障に泣く 彗星(すいせい)のように鮮烈な輝きをマウンドで放った。ドラフト1位で入団した沢崎俊和は1年目の1997年4月10日のヤクルト戦(神宮)で1―1の九回にマウンドへ。チーム5試...

  • <11>嶋重宣 (6/8)

     ▽腐らず鍛錬 10年目開花 じっくり蓄えた力を、嶋重宣は一気に発散した。戦力外寸前だった10年目の2004年。最多安打と首位打者の2冠に輝き、球界に「赤ゴジラ」ブームを巻き起こす。「2軍の下積みが生...