カープ

堂林と森下の「記念Tシャツ」が好発進

2020/7/3

 カープ名物「記念Tシャツ」が、2020年シーズンを好発進した。「待っていたんだよ 君の瞬間(とき)を」。25日の巨人戦で1121日ぶりに本塁打を放った堂林を祝うTシャツは、まさにファンを代弁するメッセージをプリントし、約2500枚を売り上げた。

 その枚数を上回ったのが、ルーキー森下だ。28日の中日戦でプロ初勝利した時の姿をTシャツ前面にプリント。約3千枚の注文が殺到した。

 球団は「喜びや期待を多くのファンと共有したいと思った。ここまでたくさん買って頂けるとは」と喜ぶ。無観客試合という状況で、ファンとチームは記念Tシャツを絆につながっている。(八百村耕平)


この記事の写真

  • 堂林の1121日ぶりの本塁打を記念したTシャツ
  • 森下のプロ初勝利を記念したTシャツ

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

 あなたにおすすめの記事

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

赤ヘル24時の最新記事
一覧

  • 大盛、1軍での居場所探し (8/4)

     大盛が貪欲に1軍での居場所を探している。 7月30日の中日戦。同点の九回2死一塁、初めて代走として出場した。生還すれば、サヨナラの場面。大胆にリードを取り、R・マルティネスをひたすら揺さぶった。警戒...

  • 選手の思いを正確に 松長通訳、プロの気配り (7/31)

     選手の思いを正確に伝えたい―。松長通訳の気配りに、外国人選手と記者の橋渡し役としてのプロ意識が垣間見える。 新型コロナウイルス対策のため、マスクを着用して選手と記者の間に立つ。「声が聞こえづらくあり...

  • 中村奨、初の1軍登録 2軍で好調、文句なしの推薦受け昇格 (7/28)

     ようやくと言うべきか、満を持してと言うべきか。「突然で驚いたが、すごくうれしい気持ち」。2017年の夏に甲子園のスターとなってから3年。2軍でもまれた中村奨が、このたび初めて1軍登録された。 廿日市...

  • 逆境越える戸田の姿見たい (7/21)

     薄暗い大野屋内総合練習場(廿日市市)で、その明るい笑みはいつも輝いていた。「きょうは何の取材ですか」「1軍の雰囲気はどうですか」。そう話しかけてくる戸田と交わす、とりとめのない会話は2軍取材のひそか...

  • 育成・木下、体の強さに自信 (7/17)

     今季、育成ドラフト2位で入団した木下には「これだけは負けない」と誇るものがある。本塁打を放つパワーでも、スイングの速さでもない。それは「体の強さ」だ。 インフルエンザどころか、風邪すらひいたことがな...