カープ

7月4日阪神戦 4番鈴木さすがの勝負強さ

2020/7/4 19:47
六回、広島無死二、三塁、鈴木が2点二塁打を放つ

六回、広島無死二、三塁、鈴木が2点二塁打を放つ

 4番がさすがの勝負強さを見せた。0―5の六回無死二、三塁、鈴木は岩貞が投じた外角寄りの143キロに反応。打球はライナーで右中間を破り、2点二塁打となった。「打ったのはストレート。走者をかえすことができてよかった」と塁上ではにっこり。これで得点圏打率は9打数4安打の4割4分4厘となった。
(ここまで 144文字/記事全文 238文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

成績の最新記事
一覧