カープ

7月4日阪神戦 佐々岡監督、中継ぎの乱れに嘆き

2020/7/4
【広島―阪神】七回、今村

【広島―阪神】七回、今村

 3連敗で借金1。佐々岡監督は中継ぎの乱れを嘆いた。2点差に迫った七回以降、今村、中村恭、中崎がいずれも失点。「追い上げていく中で悪循環になった。(救援陣が)しっかりとリズムをつくれば、また違った展開になった」と奮起を促した。
(ここまで 113文字/記事全文 231文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

成績の最新記事
一覧