カープ

【写真特集】お帰りカープ

2020/7/4 22:27
広島は屈しない―。マツダスタジアム(広島市南区)のスタンドに地元へのメッセージが掲げられた。新型コロナウイルス禍の中、球団が4月、市内の百貨店に掲げた懸垂幕で再び市民を鼓舞した

広島は屈しない―。マツダスタジアム(広島市南区)のスタンドに地元へのメッセージが掲げられた。新型コロナウイルス禍の中、球団が4月、市内の百貨店に掲げた懸垂幕で再び市民を鼓舞した

 プロ野球の広島東洋カープは4日、広島市南区の本拠地マツダスタジアムで阪神と対戦し、地元でのシーズン初戦を迎えた。新型コロナウイルスの感染防止対策で、無観客での開催となったが、選手たちは迫力あるプレーを展開。ファンたちは画面越しに熱い声援を送った。(撮影・安部慶彦、山崎亮、川村奈菜、河合佑樹、大川万優) 


この記事の写真

  • 無観客試合となった地元開幕戦。例年、赤く染まるスタジアムのスタンドにファンの姿はなかった
  • 広島市西区の居酒屋で試合を観戦するカープファンたち。好機に赤いマスク越しの声援が大きくなった
  • 本通り商店街(中区)の名産品販売店で、親子がカープグッズを背景にパチリ。球場に行けない分、ファンの思いは高まる
  • 八回に中前打を放ち、猛打賞の鈴木誠也外野手
  • 黒星を喫した先発の大瀬良大地投手
  • リモート応援するファンが映し出されたスタジアムの大型ビジョン。心はスタンドに―。熱い声援が選手を後押しした
  • 新発売のグッズ、カープ坊やのビニール人形がスタジアムの客席を埋めた。ファンに代わって選手を見守る

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 大瀬良、復帰へ手応え75球 ベースカバーも「問題なし」 (5/11)

     1軍復帰への手応えをつかんだ75球だった。右ふくらはぎを痛めていた広島の大瀬良が11日、ウエスタン・リーグ中日戦(由宇)で約1カ月ぶりに実戦登板した。5回3失点。「問題なく、いろんな動きを100パー...

  • 小園「チャンスをつくる」 打率3割、活躍誓う (5/11)

     打撃好調の小園が打線を勢いづける活躍を誓った。「走者がいなければチャンスをつくる。チャンスの場面だったら走者をかえす。併殺崩れでもいいので1点ずつ積み重ねていきたい」と力を込めた。

  • バードが初登板、1回無失点 ウエスタン (5/11)

     広島の新外国人バードが11日、ウエスタン・リーグの中日戦(由宇)で初登板し1回を無失点に抑えた。 2―3の七回に3番手で登板。先頭の伊藤には甘い直球を右前打にされたが、続く渡辺の打席で、一塁けん制で...

  • 【きょうは何の日】1970年5月12日 (5/11)

     安仁屋宗八が球団初の毎回奪三振で完投した。大洋戦(広島)で直球を軸に13奪三振。「シュートがよかった」と内角攻めで要所をしのぎ、大洋の9連勝を阻んだ。

  • 大瀬良5回3失点、2軍で1カ月ぶり実戦登板 (5/11)

     右ふくらはぎを痛めていた広島の大瀬良が11日、ウエスタン・リーグの中日戦(由宇)で約1カ月ぶりに実戦登板し、5回3失点だった。75球を投げ、6安打、3三振、無四球だった。 三回までは、コースを突く直...