カープ

コイ焦がれた 広島で開幕戦

2020/7/4 23:03
無観客のマツダスタジアムで行われた地元開幕戦の試合前に整列する広島の選手たち(撮影・安部慶彦)

無観客のマツダスタジアムで行われた地元開幕戦の試合前に整列する広島の選手たち(撮影・安部慶彦)

 プロ野球の広島東洋カープは4日、広島市南区のマツダスタジアムで阪神との地元開幕戦に臨み、3―9で敗れた。新型コロナウイルスの影響で、初めて無観客での公式戦開催となった。

【写真特集】お帰りカープ

 先発した大瀬良大地が不調で、二回までに3点を奪われる苦しいスタート。中継ぎ陣も終盤、失点を重ねた。打線は六回、鈴木誠也らの3連打などで3点を返したが、最後は突き放され、借金1となった。

 当面は無観客試合となる。佐々岡真司監督は「テレビなどで応援してくれている方もいる。全力を尽くしてやりたい」と強調。マツダスタジアムでは、14日の巨人戦から年間指定席を購入した5千人の観客が入る予定。(五反田康彦) 

関連記事「届け声援、コイ党熱く カープ地元開幕、飲食店では3密対策」


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 大瀬良、復帰へ手応え75球 ベースカバーも「問題なし」 (5/11)

     1軍復帰への手応えをつかんだ75球だった。右ふくらはぎを痛めていた広島の大瀬良が11日、ウエスタン・リーグ中日戦(由宇)で約1カ月ぶりに実戦登板した。5回3失点。「問題なく、いろんな動きを100パー...

  • 小園「チャンスをつくる」 打率3割、活躍誓う (5/11)

     打撃好調の小園が打線を勢いづける活躍を誓った。「走者がいなければチャンスをつくる。チャンスの場面だったら走者をかえす。併殺崩れでもいいので1点ずつ積み重ねていきたい」と力を込めた。

  • バードが初登板、1回無失点 ウエスタン (5/11)

     広島の新外国人バードが11日、ウエスタン・リーグの中日戦(由宇)で初登板し1回を無失点に抑えた。 2―3の七回に3番手で登板。先頭の伊藤には甘い直球を右前打にされたが、続く渡辺の打席で、一塁けん制で...

  • 【きょうは何の日】1970年5月12日 (5/11)

     安仁屋宗八が球団初の毎回奪三振で完投した。大洋戦(広島)で直球を軸に13奪三振。「シュートがよかった」と内角攻めで要所をしのぎ、大洋の9連勝を阻んだ。

  • 大瀬良5回3失点、2軍で1カ月ぶり実戦登板 (5/11)

     右ふくらはぎを痛めていた広島の大瀬良が11日、ウエスタン・リーグの中日戦(由宇)で約1カ月ぶりに実戦登板し、5回3失点だった。75球を投げ、6安打、3三振、無四球だった。 三回までは、コースを突く直...