カープ

菊池保、広島の新守護神に

2020/7/7 20:54
新守護神に指名された菊池保(撮影・川村奈菜)

新守護神に指名された菊池保(撮影・川村奈菜)

 広島の新守護神が、プロ13年目で通算0セーブの菊池保に決まった。首脳陣に安定感を買われての大抜てき。「(緊張するかは)実際に投げてみないと分からないが、どこのポジションでもゼロでベンチに戻ってくることが大事」と自らに言い聞かせる。
(ここまで 114文字/記事全文 544文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 大瀬良、復帰へ手応え75球 ベースカバーも「問題なし」 (5/11)

     1軍復帰への手応えをつかんだ75球だった。右ふくらはぎを痛めていた広島の大瀬良が11日、ウエスタン・リーグ中日戦(由宇)で約1カ月ぶりに実戦登板した。5回3失点。「問題なく、いろんな動きを100パー...

  • 小園「チャンスをつくる」 打率3割、活躍誓う (5/11)

     打撃好調の小園が打線を勢いづける活躍を誓った。「走者がいなければチャンスをつくる。チャンスの場面だったら走者をかえす。併殺崩れでもいいので1点ずつ積み重ねていきたい」と力を込めた。

  • バードが初登板、1回無失点 ウエスタン (5/11)

     広島の新外国人バードが11日、ウエスタン・リーグの中日戦(由宇)で初登板し1回を無失点に抑えた。 2―3の七回に3番手で登板。先頭の伊藤には甘い直球を右前打にされたが、続く渡辺の打席で、一塁けん制で...

  • 【きょうは何の日】1970年5月12日 (5/11)

     安仁屋宗八が球団初の毎回奪三振で完投した。大洋戦(広島)で直球を軸に13奪三振。「シュートがよかった」と内角攻めで要所をしのぎ、大洋の9連勝を阻んだ。

  • 大瀬良5回3失点、2軍で1カ月ぶり実戦登板 (5/11)

     右ふくらはぎを痛めていた広島の大瀬良が11日、ウエスタン・リーグの中日戦(由宇)で約1カ月ぶりに実戦登板し、5回3失点だった。75球を投げ、6安打、3三振、無四球だった。 三回までは、コースを突く直...