カープ

7月10日中日戦 問われるチーム総合力

2020/7/10

 先発オーダーを見て、過去のスタメンをさかのぼって見直した。「右打者9人」。たどっていくと、あった。2013年9月25日の中日戦。場所も同じくナゴヤドーム。初のクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた、あの一戦である。確固たるレギュラーが乏しく、左腕対策としてベンチが打った手だった。
(ここまで 143文字/記事全文 494文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

球炎の最新記事
一覧

  • 8月4日ヤクルト戦 逆転呼んだ救援陣力投 (8/4)

     すっかり寝苦しい季節だが、ブルペン担当の横山投手コーチにとって、今夜ほど寝付きがいい日はないだろう。救援陣を4人以上つぎ込んで、全ての投手が無失点でつないだのは今季初。失敗続きだった中継ぎ陣の力投が...

  • 8月2日巨人戦 鈴木「チームに一体感を」 プレーで引っ張る (8/2)

     鈴木は佐々岡監督の合言葉にこだわっている。昨季、4位に沈んだ苦い経験から思いを強くする。「1人でも違う方向を向いていると(勝つのは)なかなか難しい」。チームに一体感をもたらしたい―。一回の先制2ラン...

  • 8月1日巨人戦 自己犠牲の打撃、思い出せ (8/1)

     巨人の石井野手総合コーチが赤いユニホームを着ていた時に聞いた話を思い出した。例えば無死二塁で、犠打や凡打で走者を進めた打者は打率が上がらない。しかし自己犠牲の意識と技術があれば、ご褒美でその後の打席...

  • 7月31日巨人戦 巨人打線に逃げ腰禁物 (7/31)

     巨人に勝てない。4年ぶりの4連敗である。今夜の最大の敗因は今季ワーストの3安打に終わり、1得点にとどまった打線だろう。しかし、その低調な攻撃を招いたのは、投手陣のテンポの悪さに尽きる。

  • 7月30日中日戦 結果で評判を覆せるか (7/30)

     倉バッテリーコーチは、エースの専属捕手を務めた時代がある。2006、07年は石原の方が打力は上で、多くの投手と組んでいた。黒田がマウンドに上がる試合では、それでも相棒として倉コーチが選ばれる。相性の...