カープ

【きょうは何の日】1956年7月22日

2020/7/21 17:54

 片田謙二が9回を球団最少の78球で投げ切り、プロ初白星を完封で飾った。広島総合球場で大洋を2安打に抑え、一回の4点リードを危なげなく守り抜いた。
(ここまで 71文字/記事全文 71文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • リハビリ中の大瀬良、順調に回復 「球、悪くない」と手応え (5/7)

     右腓腹(ひふく)筋を痛め出場選手登録を抹消された大瀬良が、順調な回復ぶりを示している。7日に練習を公開し「もう万全に治って、どんどん上げていければという状態。不安なく走れているし通常メニューもこなせ...

  • 新外国人2投手、マツスタでの1軍練習合流 佐々岡監督「力強い球」と評価 (5/7)

     4月に来日した広島の新外国人選手のネバラスカスとバードが7日、マツダスタジアムでの1軍練習に初めて参加した。首脳陣や松田元オーナーが見守る前でシート打撃に登板し、ともに150キロ近い球を投げた。佐々...

  • 【きょうは何の日】1977年5月8日 (5/7)

     内田順三が球団初の代打サヨナラ本塁打を放った。中日戦(広島)の九回、星野仙一から右越え2ラン。日本ハムから移籍した代打職人が、華やかな一発を打ち上げた。

  • 大瀬良、早期復帰目指して練習に汗 (5/7)

     右腓腹(ひふく)筋を痛めて出場選手登録を抹消されていた広島東洋カープの大瀬良大地が7日、練習を公開した。「もう万全に治って、どんどん上げていければいいかなという状態」と早期復帰に意欲を示した。 廿日...

  • 1勝6敗1分け 涙のGW佐々岡語録 (5/7)

     広島が乗れない。浮上を狙った4月下旬からの9連戦は黒星続きで借金5に膨らんだ。低調な打線が投手陣を援護できず、試合後の佐々岡監督のコメントにもいら立ちと悔しさが目立っている。1勝6敗1分けに終わった...