カープ

【1986年連載「よろしく赤ヘル一年生です」】 <4> 足立亘(投手)=ドラフト5位

2020/7/21 19:38

 ▽長身右腕 重い球質魅力

 「さすがに緊張しましたね。こりゃ、まずいな、とも思った」。日南キャンプ初日の13日、ブルペンで初投げした時のことである。新ストライクゾーンを審判員がどのように判定するか、とブルペンは首脳陣、大勢の報道陣で埋まった。衆人環視の中で急に投げることになり、緊張も仕方ないところ。「5分の力で投げろ」との指示にかかわらず、「あまり遅いと目立ってしまうので、力が入ってしまった」。
(ここまで 199文字/記事全文 1041文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 91年には自己最多の26試合に登板した足立
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

球団70年を彩った男たちの最新記事
一覧