カープ

堂林好調の要因 インパクト直前、力伝わる理想形

2020/7/27 22:57

 堂林が首位打者に立っている。打つべくして打っているという印象だ。打撃フォームを解析すると、それがよく分かる。いいところはたくさんあるが、特にいい点は「リラックス」の姿勢と、へその前にグリップがあり最も球に力が伝わる「インパクト」の形。右中間方向に本塁打を放った際の連続写真から、好調の要因をひもとく。
(ここまで 151文字/記事全文 1254文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 16日の巨人戦で右中間に2ランを放った堂林の連続写真(撮影・山崎亮)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

山崎隆造のワイドアングルの最新記事
一覧

  • 坂倉・小園・林の打撃 武器見つけさらに上を (9/27)

     シーズン終盤、坂倉、小園、林の若手の打撃に注目している。新しいレギュラーが、同時期に3人も生まれるのは珍しい。背景には開幕前に期待していた主力選手の計算外れがある。その隙を突き、少ないチャンスをもの...

  • 後半戦の逆襲へ 「1番野間」の定着が鍵 (7/26)

     5位ターンとなった広島に、後半戦の巻き返しを期待している。主力の不振やけが、新型コロナウイルスの集団感染で難しい状況にあり、30勝42敗10分けで借金は12。4連勝で前半を締めくくり、いい兆しは見え...

  • コロナ禍のカープ 若手奮起、主力に刺激を (5/24)

     広島が新型コロナウイルス禍に見舞われている。遠征先での外出禁止など対策を講じていたと聞くだけに、あらためて感染の怖さを感じる。試合日程がどうなるか分からないが、選手にとってコンディションの維持は簡単...

  • 戦力分析 かみ合えばV争い可能 (3/24)

     26日に開幕するペナントレースで、広島の奮起に期待している。目標はまずAクラス入りし、クライマックスシリーズ(CS)の出場権を得ることだ。現状では阪神と巨人が強い。長いシーズンを戦いながら、投手と野...

  • 佐々岡カープ1年目 弱点の救援陣に厚みを (11/15)

     佐々岡監督に期待していた。なぜなら、野手出身者にはない投手の力量、適性を見極める眼力があるはずだからだ。チーム防御率はリーグ5位の4・06。野手陣にもけが人など誤算が続き、就任1年目の挑戦は5位に終...