カープ

小園、再起へ消えぬ闘志 ウエスタンで打率1割9分5厘、苦難の2年目

2020/7/28
打撃不振からの脱却を目指す小園=23日のオリックス戦(撮影・森下敬)

打撃不振からの脱却を目指す小園=23日のオリックス戦(撮影・森下敬)

 ▽「何より結果」確実性を追求

 広島の2年目小園が2軍でもがいている。ウエスタン・リーグでの打率は1割9分5厘と低調。打順は下位に降格し、1軍昇格にはほど遠い状況だ。「状態がどうこうという問題ではない。ただ単に実力がまだまだ」。現状と向き合い、再起の道を探っている。
(ここまで 133文字/記事全文 532文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

ファーム情報の最新記事
一覧