カープ

7月30日中日戦 結果で評判を覆せるか

2020/7/30 22:50

 倉バッテリーコーチは、エースの専属捕手を務めた時代がある。2006、07年は石原の方が打力は上で、多くの投手と組んでいた。黒田がマウンドに上がる試合では、それでも相棒として倉コーチが選ばれる。相性の良さ。当時はそれが理由とされていた。
(ここまで 118文字/記事全文 506文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

球炎の最新記事
一覧

  • 5月12日ヤクルト戦 野手も若返りで競争を (5/12)

     負けを防いだ栗林はチームの命綱である。初登板から連続試合無失点を16に。ドラフト制導入後の自らの新人記録を塗り替えた。チームはこれで37試合を消化。昨季の同時期に4度も喫していたサヨナラ負けという大...

  • 5月9日中日戦 仲間を信じる攻撃が見たい (5/9)

     零封負けの攻撃陣に、技術がないとは思えない。今、欠けているのは仲間に頼るという気持ちではないか。0―2の九回1死一、二塁、ついに訪れた好機で、カウントは3ボール。ここで打席の鈴木は内角直球を振ってい...

  • 5月8日中日戦 潮目変える白星になれ (5/8)

     1990年5月9日は、佐々岡監督がプロ初セーブを挙げた日である。その4日前には先発していた新人右腕に託されたのは、1―0の八回からのマウンド。きっちり無失点に抑えた大仕事にこう感じる。昔の野球選手の...

  • 5月5日巨人戦 攻撃、細部にこだわりを (5/5)

     勝利の女神がそっぽを向き始めたのは、いつからか。無得点に終わった一回の攻撃に脱力感を覚えると、あるシーンがよみがえった。4月28日のDeNA戦。一回、先頭の菊池が二塁打を放つと、続く羽月はバントをし...

  • 5月4日巨人戦 半端な振り、主将の苦悩 (5/4)

     鈴木は見逃し三振を喫しても、いつも堂々とベンチに戻る。主砲への攻めは厳しい。だから追い込まれてもある程度、球種やコースを割り切る。ズバリとはまってチームを救う数々の劇的な一打を放ってきた。しかし、読...