カープ

7月30日中日戦 結果で評判を覆せるか

2020/7/30

 倉バッテリーコーチは、エースの専属捕手を務めた時代がある。2006、07年は石原の方が打力は上で、多くの投手と組んでいた。黒田がマウンドに上がる試合では、それでも相棒として倉コーチが選ばれる。相性の良さ。当時はそれが理由とされていた。
(ここまで 118文字/記事全文 506文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

球炎の最新記事
一覧

  • 9月30日巨人戦 自己犠牲、田中の真骨頂 (9/30)

     田中は自己犠牲に強いこだわりを持つ。熱い口調で語ってくれたのは自主トレーニング期間中の1月だった。「自己犠牲できるのが強いチーム。意味のある凡打は褒めないといけない。そういうことを徹底しないと」。2...

  • 9月29日巨人戦 会沢、チーム引き締めて (9/29)

     会沢は一塁ベンチから出てくると、清めの塩をいつもより長く頭と顔にかけた。守備位置に就くと、再び塩をグラウンドにまいた。10日のヤクルト戦(マツダ)でファウルをマスクに受け、コンディション不良からの復...

  • 9月28日DeNA戦 期待広がる「3番鈴木」 (9/28)

     広島だけでなく、今や日本の4番と称される打者をついに定位置から動かした。「3番、鈴木」。本来、佐々岡監督が描いた理想とは違う。本人も打順へのこだわりがあるかもしれない。しかし、もはや変わる時だ。ベン...

  • 9月27日DeNA戦 反省を糧に守り勝とう (9/27)

     23歳塹江、22歳坂倉。この初々しいバッテリーは、既に苦い記憶を抱えている。8月25日、DeNA戦の九回、大和に浴びたサヨナラ打。強引になりすぎて、直球勝負を選んだことを後悔。試合後、2人で「次は守...

  • 9月26日DeNA戦 「4番」伝承、背負う鈴木 (9/26)

     今思い返しても、あれは特別な時間だった。2018年10月16日、マツダスタジアムでの練習中。その年限りでの引退を発表していた新井が突然、二塁付近で鈴木を呼び止めた。多くの選手の視線を浴び、30分話し...