カープ

8月1日巨人戦 自己犠牲の打撃、思い出せ

2020/8/1

 巨人の石井野手総合コーチが赤いユニホームを着ていた時に聞いた話を思い出した。例えば無死二塁で、犠打や凡打で走者を進めた打者は打率が上がらない。しかし自己犠牲の意識と技術があれば、ご褒美でその後の打席で安打を打てる。「平均の法則」と名付けた独自の理論だった。同点の三回、広島はその攻撃を受けて、崩れていった。
(ここまで 154文字/記事全文 498文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

球炎の最新記事
一覧

  • 8月12日中日戦 先制点奪取が復調の鍵 (8/12)

     もし仮にジョンソンの取扱説明書があれば、こう記してあるだろう。「打線は2点以上の先制点を取って下さい」。昨季、その条件を満たしたのは11試合を数える。快調にストライクを投げ込み、10勝負けなし、防御...

  • 8月11日中日戦 島内、心躍る5連続三振 (8/11)

     島内は今春、大野屋内総合練習場でタブレット端末「iPad(アイパッド)」とにらめっこしていた。3軍の強化指定選手として投げ込んでは、球の回転数や軌道を測る機器「ラプソード」の数値を確認する。徹底的に...

  • 8月10日中日戦 守備固め、難しい見極め (8/10)

     勢いを取り戻しつつあるチームに、じわりと不安要素が浮かび上がった。八回の守りのほころびである。塹江の踏ん張りと田中の好守がかき消してくれたが、逆転負けの悪夢がちらりとよぎった。

  • 8月9日阪神戦 厳しい連戦、4番の出番 (8/9)

     ファウルボールが飛んですぐ、球場に流れる丁寧な場内放送。ボールを追いかけないでください―。安打が出ず、じれったい一戦に思う。打者にも注意喚起をしたくなった。ボール球を追いかけないで、と。

  • 8月8日阪神戦 守り勝つ野球ようやく (8/8)

     8月8日。こんなゾロ目の一日を、背番号88に引っかけて勝手に「佐々岡記念日」と心に刻みたい。シーズンが始まってから、0勝6敗とさっぱり勝てなかった1点差試合。それを2―1でもぎ取った。目指してきた守...