カープ

【1988年連載「赤ヘル ルーキーの横顔」】 <4> 石貫宏臣(投手)=ドラフト2位

2020/8/4 20:20

 ▽闘志むき出しの速球派

 紀藤の下半身と自分を見比べて「まだ体力的についていけないと思う」。大きな目でにらみつけるように話す顔からの第一声がこの弱気の発言だった。だが外木場コーチに言わせると「顔の通り、闘志をむき出しにするタイプだ。入団当初の長富みたいな選手だよ」。この言葉を裏付けるエピソードがある。
(ここまで 151文字/記事全文 1126文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 1991年には自己最多の46試合に登板し、優勝に貢献した石貫
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

球団70年を彩った男たちの最新記事
一覧