カープ

8月4日ヤクルト戦 逆転呼んだ救援陣力投

2020/8/4

 すっかり寝苦しい季節だが、ブルペン担当の横山投手コーチにとって、今夜ほど寝付きがいい日はないだろう。救援陣を4人以上つぎ込んで、全ての投手が無失点でつないだのは今季初。失敗続きだった中継ぎ陣の力投がなければ、長野と田中の3ランは生まれなかったのではないか。
(ここまで 129文字/記事全文 494文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

球炎の最新記事
一覧

  • 9月21日巨人戦 巨人の小刻み継投、厄介 (9/21)

     巨人の小刻みな継投に反撃をぷつりと断たれた。担当外の石井野手総合コーチが采配に絡んでいるのではないかと、うたぐりたくなる。そう思うのは、広島の打撃コーチで敗れた2016年の日本シリーズ。今村、ジャク...

  • 9月20日ヤクルト戦 球に食らいつく姿勢を (9/20)

     スコアボードの上では、六回に刻まれた4失点で勝負あり。手元のスコアブックを見直すと、違う側面も見えてくる。流れを手放したのは、直前の六回2死三塁、堂林が喫した見逃し三振。その打席、挑戦者の気持ちをど...

  • 9月19日ヤクルト戦 及び腰での四球は厳禁 (9/19)

     森下に7勝目をささげたい―。今、カープを見つめる多くの人々のそんな願いはかなわなかった。遠因はあまりにもったいない四球である。1―0で迎えた二回無死、村上との対戦。その後、坂口の2ランにつながっただ...

  • 9月18日ヤクルト戦 鈴木、世代交代後押しを (9/18)

     鈴木の隣で、年下の選手が守っている。これは昨季までなかった光景。売り出し中の大盛は8月に24歳になったばかりで、鈴木の二つ下。イニング前、右翼と中堅でキャッチボールする2人のミット音は、静かに進む世...

  • 9月16日中日戦 若手先発投手の台頭待つ (9/16)

     先制、中押し、ダメ押しの快勝劇を見届けても、ぽっかりと胸に穴が開いたような喪失感が拭えない。試合前、球団から大瀬良が右肘手術を受けたことが発表された。今季中の復帰は絶望的。エースはチームのために身を...