カープ

8月7日阪神戦 若手、巻き起こした新風

2020/8/7

 野球人はいつも世代交代の荒波を生きている。広島に偉大な正二塁手が誕生した2013年。その年の春季キャンプ終盤、不動の主力だった東出2軍打撃コーチの故障離脱から全ては始まった。いずれ菊池は今の地位に上り詰めたろうが、飛躍のきっかけとなったのは間違いない。
(ここまで 127文字/記事全文 501文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

球炎の最新記事
一覧

  • 9月22日巨人戦 遠藤、打者恐れず攻めよ (9/22)

     マウンドで悔しがる遠藤の姿が目に焼き付いた。3―2の五回、岡本に特大の逆転2ランを左翼席に運ばれた瞬間だった。5回4失点。8月2日の2勝目以来、白星が遠い。3年目の右腕がぶち当たる壁は、飛躍につなが...

  • 9月21日巨人戦 巨人の小刻み継投、厄介 (9/21)

     巨人の小刻みな継投に反撃をぷつりと断たれた。担当外の石井野手総合コーチが采配に絡んでいるのではないかと、うたぐりたくなる。そう思うのは、広島の打撃コーチで敗れた2016年の日本シリーズ。今村、ジャク...

  • 9月20日ヤクルト戦 球に食らいつく姿勢を (9/20)

     スコアボードの上では、六回に刻まれた4失点で勝負あり。手元のスコアブックを見直すと、違う側面も見えてくる。流れを手放したのは、直前の六回2死三塁、堂林が喫した見逃し三振。その打席、挑戦者の気持ちをど...

  • 9月19日ヤクルト戦 及び腰での四球は厳禁 (9/19)

     森下に7勝目をささげたい―。今、カープを見つめる多くの人々のそんな願いはかなわなかった。遠因はあまりにもったいない四球である。1―0で迎えた二回無死、村上との対戦。その後、坂口の2ランにつながっただ...

  • 9月18日ヤクルト戦 鈴木、世代交代後押しを (9/18)

     鈴木の隣で、年下の選手が守っている。これは昨季までなかった光景。売り出し中の大盛は8月に24歳になったばかりで、鈴木の二つ下。イニング前、右翼と中堅でキャッチボールする2人のミット音は、静かに進む世...