• トップ >
  • カープ >
  • 話題 >
  • 初陣の佐々岡監督、苦悩の序盤 平成以降、45試合消化で貯金は7人中2人

カープ

初陣の佐々岡監督、苦悩の序盤 平成以降、45試合消化で貯金は7人中2人

2020/8/14 15:29
ベンチから戦況を見つめる佐々岡監督=右端(7月5日、阪神戦)

ベンチから戦況を見つめる佐々岡監督=右端(7月5日、阪神戦)

 初陣の佐々岡真司監督が率いる広島は45試合消化で18勝23敗4分けと、もたついている。序盤は勝ち試合の継投策の確立に苦しみ、ここ10試合は6勝4敗と乗り切れない。広島の平成(1989年)以降の歴代監督を見ると、1年目の45試合消化時は多くが戦力の掌握に手間取り、采配に苦心していた姿が浮かび上がる。

 89年の山本浩二監督は45試合時に貯金17を積み上げた。前年3位のチームを引き継ぐと、臨機応変な戦術で勝ち星を重ね、ベテランの域に入った主力野手を鍛え直して再生。安定した戦いで2位に入った。

 他の監督は前年までの主力の評価に悩み、手探り状態の戦いが垣間見える。99年の達川晃豊監督は貯金1だったが、シーズン中盤から投打のバランスを崩して借金21で5位。94年の三村敏之監督と2005年のブラウン監督は借金5、10年の野村謙二郎監督は借金9、15年の緒方孝市監督が借金7と浮上を模索していた。

 各監督の共通項はチームの掌握に時間がかかったことだ。
(ここまで 423文字/記事全文 872文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 1勝6敗1分け 涙のGW佐々岡語録 (5/7)

     広島が乗れない。浮上を狙った4月下旬からの9連戦は黒星続きで借金5に膨らんだ。低調な打線が投手陣を援護できず、試合後の佐々岡監督のコメントにもいら立ちと悔しさが目立っている。1勝6敗1分けに終わった...

  • タイムリー欠乏症の打線 鍵はつなぐ意識 (5/6)

     広島の打線がタイムリー欠乏症に陥っている。1分けを挟んで6連敗中の7試合は1試合平均1・86得点。得点圏打率は1割5分4厘と振るわない。朝山打撃コーチは「なかなかつながりを欠いて点が入らない状況が続...

  • 玉村、プロ初勝利誓う 「緩急付けて押していく」 (5/6)

     2年目左腕の玉村がプロ初勝利に向け、一発封じを誓った。初登板だった4月29日のDeNA戦は2本塁打を浴びるなど5回5失点で初黒星。「カーブやチェンジアップをうまく使っていきたい。緩急を付けながらどん...

  • 【きょうは何の日】2006年5月7日 (5/6)

     ブラウン監督が一塁ベースを放り投げた。中日戦(広島)で先発ロマノが退場処分。審判団への抗議が聞き入れられず、意図的なパフォーマンスでナインを鼓舞した。

  • 高橋昂、6回1失点の好投も援護なし (5/5)

    【広島―巨人】(5日、マツダスタジアム) 広島東洋カープの先発高橋昂也が6回を投げ、4安打1失点と好投した。 カットボールとフォークがさえ、6三振を奪った。最大のピンチは0―0の四回。無死から坂本とウ...