カープ

8月15日阪神戦 守備に乱れ、締まり欠く

2020/8/15
【阪神―広島】一回、鈴木

【阪神―広島】一回、鈴木

 守りでミスが目立ち締まりを欠いた。
(ここまで 18文字/記事全文 256文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

成績の最新記事
一覧

  • 9月20日ヤクルト戦 (9/20)

     ◇ヤクルト―広島14回戦(6勝6敗2分け、18時31分、神宮、13467人)

  • 9月20日ヤクルト戦 コイ若手中継ぎ陣が失速 持ち味生かせず次々失点 (9/20)

     若手中継ぎ陣の勢いが失速している。ともに23歳の島内と高橋樹が失点し、1―3の接戦は大味なゲームに様変わり。九回に打線が驚異的な追い上げを見せただけに、敗れたむなしさはいっそう募る。 ともに持ち味を...

  • 9月20日ヤクルト戦 中村祐、初回先頭から3者連続被弾 (9/20)

     今季初登板の中村祐がいきなりの3連発で屈辱を味わった。プロ野球史上25年ぶり5度目となる先頭打者からの3者連続本塁打を浴びた。「すごく緊張があった。立ち上がりが全て」と悔やんだ。

  • 9月20日ヤクルト戦 九回に意地、5得点 (9/20)

     打線が九回に意地を見せた。2死からの6連打などで5得点。朝山打撃コーチは「小川を完投させず最後に引きずり降ろせた」と、2点差まで追い上げた粘りを評価した。

  • 【ダッグアウト】9月20日ヤクルト戦 (9/20)

     広島・佐々岡監督(九回に鈴木と松山に代走を出した采配について)「連戦が続いているので、いろんなことを考慮して1イニングでも休ませたいと思っている。九回はみんなが粘り強くつないでくれた。明日につながる...