• トップ >
  • カープ >
  • 成績 >
  • 9月6日DeNA戦 逆転つかの間、投手陣踏ん張れず DeNA3連戦で計30失点

カープ

9月6日DeNA戦 逆転つかの間、投手陣踏ん張れず DeNA3連戦で計30失点

2020/9/6 22:45
【広島―DeNA】六回、DeNA1死一、二塁、宮崎に勝ち越しの中前打を浴び、渋い表情のケムナ(右)。左は二塁走者柴田(撮影・山崎亮)

【広島―DeNA】六回、DeNA1死一、二塁、宮崎に勝ち越しの中前打を浴び、渋い表情のケムナ(右)。左は二塁走者柴田(撮影・山崎亮)

 投壊に歯止めがかからない。6投手で浴びた安打は14、与えた四死球は10、失点は8。連日のように先発も中継ぎも踏ん張れない。「この3連戦、投手陣は何点取られているのか。投手が全て」。佐々岡監督は不機嫌そうに吐き捨てた。
(ここまで 109文字/記事全文 477文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

成績の最新記事
一覧