• トップ >
  • カープ >
  • 成績 >
  • 9月9日ヤクルト戦 痛恨ドロー、最大7点差守れず 野村7失点・塹江3失点

カープ

9月9日ヤクルト戦 痛恨ドロー、最大7点差守れず 野村7失点・塹江3失点

2020/9/9 23:54
【広島−ヤクルト】八回、ヤクルト1死一、二塁、塩見に同点の右前適時打を浴び、顔をしかめる塹江(手前)。奥は生還した二塁走者山田哲(撮影・安部慶彦)

【広島−ヤクルト】八回、ヤクルト1死一、二塁、塩見に同点の右前適時打を浴び、顔をしかめる塹江(手前)。奥は生還した二塁走者山田哲(撮影・安部慶彦)

 2けた得点をもらっても勝ちきれなかった。先発野村が突然乱れて、楽勝ムードが一変し、セットアッパー塹江も踏ん張れない。最大7点のリードを守り切れず、10―10の引き分けに終わった。
(ここまで 90文字/記事全文 464文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

成績の最新記事
一覧