• トップ >
  • カープ >
  • 話題 >
  • マツダ球場、25日から観客1万6500人に カープ、16日からHPで販売 新型コロナ、人数制限緩和で

カープ

マツダ球場、25日から観客1万6500人に カープ、16日からHPで販売 新型コロナ、人数制限緩和で

2020/9/15 19:12
無観客で行われたマツダスタジアムでの地元開幕戦(7月4日)

無観客で行われたマツダスタジアムでの地元開幕戦(7月4日)

 広島東洋カープは15日、広島市南区のマツダスタジアムで25日から10月1日に開催する公式戦7試合の観客数の上限を、5千人から定員の50%となる約1万6500人に引き上げると発表した。年間指定席分を除き、9月16日午前11時から球団公式ホームページ(HP)で一般販売する。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のためのイベント人数制限が19日に緩和されることを受けて、変更した。対象は25〜28日のDeNA戦と、29日〜10月1日の巨人戦。観客同士の密を避けるため、販売席種を制限。内野2階自由席は指定席(2500円)として販売する。球場窓口やコンビニエンスストアなどでは販売しない。10月6〜18日にある公式戦9試合分は、9月24日ごろの販売開始を予定。10月27日以降については未定となっている。

 プロ野球は約3カ月遅れで、6月19日に無観客で開幕。政府の指針に従い、7月10日から5千人を上限に観客を入れて公式戦を実施してきた。広島球団は入場者を特定した上で、時差を付けた退場やマスクの着用の義務付けなど感染防止対策を講じてきた。「引き続き対策をしっかり取っていきたい」としている。(友岡真彦) 

【関連記事】

カープ「噴霧隊」、客席を除菌 タンク背負いコロナ対策

4987人が待望の観戦 カープ地元戦、今季初

「新たな観戦」球場満喫 カープ公式戦、風船禁止やマスク

マツダ球場で初の無観客試合 オープン戦


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 「4番打者」9試合ぶりの打点 4番の打点は4月29日以来 (5/14)

    【広島―DeNA】(14日、マツダ) 広島東洋カープの「4番打者」が、9試合ぶりの打点を挙げた。 この日は松山竜平が今季2度目の4番に座った。3―2の四回2死満塁で打席に入ると、フルカウントから中前に...

  • 7番小園、積極スイングで先制打 (5/14)

    【広島―DeNA】(14日、マツダ) 広島東洋カープが7試合ぶりの先制点を奪い、連続イニング無得点を21で止めた。 二回に相手の失策で得た無死二、三塁で、7番小園海斗が初球から積極的にスイング。一、二...

  • 【きょうは何の日】2015年5月15日 (5/14)

     田中広輔が2試合連続の先頭打者本塁打をマークした。DeNA戦(マツダ)で山口俊から中越え。広島では08年4月の赤松真人以来、7年ぶり7人目の記録だった。

  • 大瀬良、18日からの巨人戦で先発濃厚に (5/14)

     1軍に合流した広島東洋カープの大瀬良大地が、18日からの巨人2連戦(東京ドーム)で先発することが濃厚となった。現状、5人で構成する先発陣で、玉村昇悟が14日に出場選手登録を抹消されたため。 右ふくら...

  • 15日予告先発の九里「先頭打者をきっちり打ち取る」 (5/14)

     広島の九里が、15日のDeNA戦(マツダ)に予告先発する。ソトやオースティンらを擁する強力打線との対戦に向け、「走者をためて一発というのが大量失点につながる。先頭打者をきっちり打ち取っていきながら、...