• トップ >
  • カープ >
  • 成績 >
  • 9月15日中日戦 不屈の主砲、鈴木3ラン 苦境にあらがう一振り

カープ

9月15日中日戦 不屈の主砲、鈴木3ラン 苦境にあらがう一振り

2020/9/15
【広島―中日】一回、広島無死二、三塁、鈴木が左中間へ3ランを放ち、4―0とする(撮影・河合佑樹)

【広島―中日】一回、広島無死二、三塁、鈴木が左中間へ3ランを放ち、4―0とする(撮影・河合佑樹)

 やられたらやり返す―。鈴木はそれを体現した。1―0の一回無死二、三塁。1日に零封負けを喫した大野雄から18号3ランを放った。「良い流れでチャンスで回ってきた。しっかり捉えることができた」。4番が見せた意地だった。
(ここまで 107文字/記事全文 465文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

成績の最新記事
一覧

  • 9月23日巨人戦 (9/23)

     ◇巨人―広島15回戦(巨人9勝5敗1分け、18時00分、東京ドーム、13605人)

  • 9月23日巨人戦 野村散々、3回降板 今季2度目の4連敗 (9/23)

     勝てない。先制され、中押しされ、ダメ押しされて勝負あり。今季2度目の4連敗。今季最短の3回で降板した野村は「先発の役割を果たせずチームに申し訳ない」と広報にコメントを託し、球場を後にした。

  • 9月23日巨人戦 ピレラ、意地の10号2ラン (9/23)

     九回、ピレラが意地の10号2ランを放った。1死一塁、真ん中に来た直球を「しっかり自分のスイングで捉えることができた」と強振。3年ぶりの完投勝利を狙った田口を、マウンドから引きずり降ろした。

  • 9月23日巨人戦 堂林が適時打 4試合ぶり安打 (9/23)

     堂林が放った4試合ぶりの安打が適時打となった。四回1死一塁。甘く入った直球を迷わず振り抜くと、フェンス直撃の中越え二塁打となった。19日のヤクルト戦でソロ本塁打を放って以来の打点で、「(一塁走者の)...

  • 9月22日巨人戦 (9/22)

     ◇巨人―広島14回戦(巨人8勝5敗1分け、18時00分、東京ドーム、16732人)