カープ

大瀬良が右肘手術、今季の復帰は絶望的

2020/9/16 23:03
5日のDeNA戦で途中降板する大瀬良(左)

5日のDeNA戦で途中降板する大瀬良(左)

 広島は16日、大瀬良大地投手(29)が群馬県館林市内の病院で右肘を手術したと発表した。手術名は「右肘関節鏡視下遊離体摘出・骨棘(こっきょく)切除・滑膜切除」で、松原チーフトレーナーは「痛みや状況、パフォーマンスを含めベストな方法を選んだ。(来季復帰に向けて)当然そのつもりで考えている」と説明。加療期間や退院時期は明言しなかったが、今季中の復帰は絶望的とみられる。

 大瀬良は5日のDeNA戦(マツダ)で四回途中8失点でKOされるなど、直近2試合は4回持たずに降板。同6日に「コンディション不良」のため登録を抹消されていた。その後に複数回検査を受け、手術が必要と診断された。

 今季は2年連続で開幕投手を務め、開幕戦から2試合連続完投勝利を挙げる好スタートを切った。しかし、7月24日のDeNA戦(横浜)で2回2失点で降板。翌25日に「コンディション不良」で抹消されていた。今季は先発11試合で5勝4敗、防御率4・41だった。

 佐々岡監督は「エースが抜けるのは当然痛い。(若手に)先発枠のチャンスはある。つかんでほしい」と話した。(八百村耕平)


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 「4番打者」9試合ぶりの打点 4番の打点は4月29日以来 (5/14)

    【広島―DeNA】(14日、マツダ) 広島東洋カープの「4番打者」が、9試合ぶりの打点を挙げた。 この日は松山竜平が今季2度目の4番に座った。3―2の四回2死満塁で打席に入ると、フルカウントから中前に...

  • 7番小園、積極スイングで先制打 (5/14)

    【広島―DeNA】(14日、マツダ) 広島東洋カープが7試合ぶりの先制点を奪い、連続イニング無得点を21で止めた。 二回に相手の失策で得た無死二、三塁で、7番小園海斗が初球から積極的にスイング。一、二...

  • 【きょうは何の日】2015年5月15日 (5/14)

     田中広輔が2試合連続の先頭打者本塁打をマークした。DeNA戦(マツダ)で山口俊から中越え。広島では08年4月の赤松真人以来、7年ぶり7人目の記録だった。

  • 大瀬良、18日からの巨人戦で先発濃厚に (5/14)

     1軍に合流した広島東洋カープの大瀬良大地が、18日からの巨人2連戦(東京ドーム)で先発することが濃厚となった。現状、5人で構成する先発陣で、玉村昇悟が14日に出場選手登録を抹消されたため。 右ふくら...

  • 15日予告先発の九里「先頭打者をきっちり打ち取る」 (5/14)

     広島の九里が、15日のDeNA戦(マツダ)に予告先発する。ソトやオースティンらを擁する強力打線との対戦に向け、「走者をためて一発というのが大量失点につながる。先頭打者をきっちり打ち取っていきながら、...