カープ

9月16日中日戦 若手先発投手の台頭待つ

2020/9/16

 先制、中押し、ダメ押しの快勝劇を見届けても、ぽっかりと胸に穴が開いたような喪失感が拭えない。試合前、球団から大瀬良が右肘手術を受けたことが発表された。今季中の復帰は絶望的。エースはチームのために身を削りながら投げていた。若手は、この心意気をどう感じているだろう。
(ここまで 132文字/記事全文 492文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

球炎の最新記事
一覧

  • 10月24日DeNA戦 森下の「インパクト」演出 (10/24)

     秋の恒例、湯布院リハビリキャンプは仲間と交流を深める貴重な時。1990年、新人右腕は先輩を大分に残し、一足先に広島へ帰るという異例の動きをした。「会見に備えてね」。いきなり13勝11敗17セーブの好...

  • 10月23日DeNA戦 記録に残らぬミス重く (10/23)

     かつての田中には試合前、グラウンドでの日課があった。ゴムチューブを腰に巻いた体幹トレーニング。今季、その姿がまるで見られない。代わりに何をしているかというと、遠投による肩の強化だ。会話しながらキャッ...

  • 10月22日阪神戦 薮田の1勝、競争の一歩 (10/22)

     105試合目でつかんだ待望の白星である。野村の離脱で巡ってきた薮田のマウンド。今季、中継ぎを経験した投手の先発での勝利を初めて見届けた。優勝への可能性が完全についえた翌日の一戦。冷え切った心がちょっ...

  • 10月21日阪神戦 来季につながる戦いを (10/21)

     佐々岡監督が掲げたのは「一体感」だった。投手は野手のために、野手は投手のために。ナインに求めたのは助け合いの精神。しかし現実は違った。投手が抑えれば打者が打てず、打者が打てば投手が踏ん張りきれない。...

  • 10月20日阪神戦 西川、最も輝く打順は (10/20)

     野球選手が「4番」を任されれば、気負ってもおかしくない。西川が通算463試合目で初めて打線の中心に座った。三回に放った先制の2点打は全く力みのないスイングから生まれた。技術の高さは知っているが、打席...