カープ

コイ森下・G戸郷、セ・リーグ新人王争いが白熱

2020/9/18
<左>広島・森下<右>巨人・戸郷

<左>広島・森下<右>巨人・戸郷

 広島の森下と巨人の戸郷が、ハイレベルな投球でセ・リーグの新人王争いを一歩リードしている。開幕から先発ローテーションを守る両右腕は、勝ち星で戸郷が1勝先行するものの、防御率や奪三振などは拮抗(きっこう)。120試合制の今季、一生一度のタイトルは一騎打ちの様相になってきた。
(ここまで 136文字/記事全文 823文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 【きょうは何の日】1984年10月22日 (10/21)

     3度目の日本一に立った。阪急との第7戦(広島)は「シリーズ男」の山根和夫が完投で胴上げ投手。7試合で3アーチの長嶋清幸がMVPに輝いた。

  • 【きょうは何の日】1974年10月21日 (10/20)

     ルーツ打撃コーチが監督に就任した。プロ野球史上初の米大リーグ出身。球団は強烈な個性、豊富な知識、ファンへのアピール力を買い、低迷脱出を託す。

  • 21日先発の遠藤「残り全て結果出す」 (10/19)

     広島の遠藤が21日の阪神戦(甲子園)で先発する予定だ。現在3勝5敗、防御率4・45。「残り全ての試合で結果を出すだけ。今まで悪かった部分を取り返せるようにしたい」と誓う。

  • 1軍合流の薮田 22日に先発 (10/19)

     薮田が19日の練習で1軍に合流した。22日の阪神戦(甲子園)で先発する見込み。「チームの借金を減らし、いいものを見せて1軍に残ることにこだわりたい」と力を込める。

  • 九里、初の規定投球回に向け意欲 (10/19)

     広島の九里が7年目で初の規定投球回(120回)到達が見えてきた。「目標の一つ」と言い、ここまでの投球回数は96回2/3。予告先発する20日の阪神戦(甲子園)から中6日で回ると4度巡ってくる先発機会で...