カープ

9月21日巨人戦 巨人の小刻み継投、厄介

2020/9/21

 巨人の小刻みな継投に反撃をぷつりと断たれた。担当外の石井野手総合コーチが采配に絡んでいるのではないかと、うたぐりたくなる。そう思うのは、広島の打撃コーチで敗れた2016年の日本シリーズ。今村、ジャクソンの6連投について、打者目線での見解が興味深かった。「同じ右投げでも順番が逆になるだけでバッターとしては嫌なんだけどね」
(ここまで 161文字/記事全文 498文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

球炎の最新記事
一覧

  • 10月21日阪神戦 来季につながる戦いを (10/21)

     佐々岡監督が掲げたのは「一体感」だった。投手は野手のために、野手は投手のために。ナインに求めたのは助け合いの精神。しかし現実は違った。投手が抑えれば打者が打てず、打者が打てば投手が踏ん張りきれない。...

  • 10月20日阪神戦 西川、最も輝く打順は (10/20)

     野球選手が「4番」を任されれば、気負ってもおかしくない。西川が通算463試合目で初めて打線の中心に座った。三回に放った先制の2点打は全く力みのないスイングから生まれた。技術の高さは知っているが、打席...

  • 10月18日中日戦 認め合う主軸の2人 (10/18)

     その昔、山本浩二さんと衣笠祥雄さんは普段から頻繁にしゃべることは少なかったと聞く。胸に秘めたライバル関係。同い年の好打者という間柄ではあるが、今の時代ではだいぶ違う。西川に鈴木の打撃を聞くと、こう言...

  • 10月17日中日戦 苦悩の監督、継投に変化 (10/17)

     先発した5試合のうち、2完封を含む三つの完投勝利。その合間に、救援登板での2連投もこなす―。1990年秋、新人だった背番号18が、シーズン最後の1カ月で記録した登板内容である。30年前の驚異的な体力...

  • 10月16日中日戦 一発頼みでは追い付けぬ (10/16)

     その姿は、まるで最後の打者になったかのようだった。1点を追う六回1死二、三塁、凡飛の菊池がバットを投げて悔しがる。続く会沢も空振り三振し、厳しい顔でベンチに下がった。当然、選手は知っているからである...