カープ

9月26日DeNA戦 「4番」伝承、背負う鈴木

2020/9/26

 今思い返しても、あれは特別な時間だった。2018年10月16日、マツダスタジアムでの練習中。その年限りでの引退を発表していた新井が突然、二塁付近で鈴木を呼び止めた。多くの選手の視線を浴び、30分話し込んだ。この場で4番の心得を伝えているのだと、みんな気付いた。
(ここまで 131文字/記事全文 495文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

球炎の最新記事
一覧

  • 10月18日中日戦 認め合う主軸の2人 (10/18)

     その昔、山本浩二さんと衣笠祥雄さんは普段から頻繁にしゃべることは少なかったと聞く。胸に秘めたライバル関係。同い年の好打者という間柄ではあるが、今の時代ではだいぶ違う。西川に鈴木の打撃を聞くと、こう言...

  • 10月17日中日戦 苦悩の監督、継投に変化 (10/17)

     先発した5試合のうち、2完封を含む三つの完投勝利。その合間に、救援登板での2連投もこなす―。1990年秋、新人だった背番号18が、シーズン最後の1カ月で記録した登板内容である。30年前の驚異的な体力...

  • 10月16日中日戦 一発頼みでは追い付けぬ (10/16)

     その姿は、まるで最後の打者になったかのようだった。1点を追う六回1死二、三塁、凡飛の菊池がバットを投げて悔しがる。続く会沢も空振り三振し、厳しい顔でベンチに下がった。当然、選手は知っているからである...

  • 10月15日巨人戦 試行錯誤、鈴木の向上心 (10/15)

     鈴木の最初のスイングに目がとまった。一回、初球の150キロを詰まりながら中前に運んだ一打が、先制打になったからではない。バットを握った両手を、いったん下げてからトップの位置に入れていた。ノーステップ...

  • 10月14日巨人戦 積極的な仕掛け見たい (10/14)

     巨人戦の負け越しが決まった。6年ぶりである。7勝12敗1分け。最大の敗因は投手力の差だろう。その差を埋めるために必要なのは、優勝へと突っ走るチームと遜色のない攻撃力である。得点力を引き出しきれないベ...