• トップ >
  • カープ >
  • 成績 >
  • 10月10日ヤクルト戦 森下が闘志の8勝、新人王争い前進 2度の満塁動じず

カープ

10月10日ヤクルト戦 森下が闘志の8勝、新人王争い前進 2度の満塁動じず

2020/10/10 23:04
【広島―ヤクルト】一回、ヤクルト無死満塁、村上を空振り三振に抑えて雄たけびを上げる森下(撮影・荒木肇)

【広島―ヤクルト】一回、ヤクルト無死満塁、村上を空振り三振に抑えて雄たけびを上げる森下(撮影・荒木肇)

 森下はピンチになると人が変わる。6回無失点で挙げた8勝目は、最初と最後に訪れた2度の満塁のピンチを力でねじ伏せた結果。「打たれたら嫌だなではなく、ゼロで抑えたいという気持ちだった」と闘争心を前面に押し出した。

 自らまいた種は自ら刈り取る。一回は2安打と四球で招いた無死満塁から「より一層強い気持ちを持って。抑えたら雰囲気も良くなる」と村上を149キロ、中山を150キロでともに空振り三振に仕留めるなどゼロ発進。六回は1死から安打、四球、死球で塁を埋めた後に連続三振に仕留め、本塁を踏ませなかった。
(ここまで 249文字/記事全文 496文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

成績の最新記事
一覧