• トップ >
  • カープ >
  • 話題 >
  • 【速報】カープ石原捕手、今季限りで引退 25年ぶりの優勝に貢献

カープ

【速報】カープ石原捕手、今季限りで引退 25年ぶりの優勝に貢献

2020/10/12
通算1000本安打を達成し、試合後に笑顔がはじける石原(左)=2018年5月11日

通算1000本安打を達成し、試合後に笑顔がはじける石原(左)=2018年5月11日

 広島東洋カープは12日、石原慶幸捕手(41)が今季限りで引退すると発表した。16日にマツダスタジアムで記者会見し、11月7日の阪神戦(マツダ)で引退セレモニーを開く。

 19年目の今季は3試合目の出場となった8月27日のDeNA戦(横浜)で遊ゴロを放って一塁に走る際、左脚を負傷。同28日に登録抹消されていた。3軍でリハビリを開始した9月上旬には「できることは限られているから、やれることを探してやっていく」と話していたが、実戦復帰に至らないまま、今季限りでの引退を決断。球団に申し入れて了承された。

 県岐阜商高から東北福祉大を経て、2002年ドラフト4巡目で入団。08年から4年連続で100試合以上に出場するなど、長く正捕手として活躍した。25年ぶりのリーグ優勝を飾った16年にはベストナインとゴールデングラブ賞をいずれも初受賞。18年5月にはプロ野球史上最年長となる38歳8カ月で通算千安打を達成した。

 通算成績は1619試合に出場し、66本塁打、378打点。打率2割3分6厘。1022安打は広島の捕手では最多。

【関連記事】

石原が負傷交代 会沢もベンチ外れる

【球炎】8月27日DeNA戦 相次ぐ故障者、試練の夏

19年目の石原 黙々と土台づくり

【こぼれ球】40歳石原、坂の上見つめダッシュ

カープドラフト史 2001年 1位大竹、2桁勝利4回


この記事の写真

  • 石原慶幸捕手

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 複数アーチの石原貴や中村奨、評価上げる フェニックスL総括 (11/29)

     若ゴイのフェニックス・リーグ17試合の鍛錬が終わった。1軍入りを狙う選手が結果を残して成長をアピールするなど、貴重な実戦経験を積んだ。それぞれが手応えと課題を胸に刻み、オフに入る。

  • 森下、来季へ「何かひと工夫、ふた工夫」 (11/29)

     森下が2年目の来季に向け、持ち球のレベルアップを目指す。「同じだったら打たれる。何かひと工夫、ふた工夫できるようにしたい」と明かした。 【森下ロングインタビュー】開幕前に語った「本当にいいチームに入...

  • 【きょうは何の日】2007年11月30日 (11/29)

     黒田博樹がメジャー挑戦を表明した。国内移籍の封印から1年、ドジャースなどが最大年俸約11億円で争奪戦。広島の日本人では初の大リーガーが誕生する。

  • 鈴木ら17選手出演、ファンとリモートで交流 ファン感謝デー (11/28)

     広島の「カープファン感謝デー2020」が28日にあり、選手とファンがリモートで交流した。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マツダスタジアムでの開催を取りやめ、中国放送の特別番組としてテレビやカー...

  • 鈴木、年内は充電期間 「練習は一切しない」 (11/28)

     広島の鈴木が年内を充電期間に充てることを明かした。新型コロナウイルスの影響で、前例のない過密日程を戦い抜いた今季。「練習は一切しない。ゆっくり全ての疲れを取ろうと思います」。来季に向け、リフレッシュ...