カープ

カープ石原捕手、今季限りで引退 25年ぶりの優勝に貢献

2020/10/12 13:25
通算1000本安打を達成し、試合後に笑顔がはじける石原(左)=2018年5月11日

通算1000本安打を達成し、試合後に笑顔がはじける石原(左)=2018年5月11日

 広島東洋カープは12日、石原慶幸捕手(41)が今季限りで引退すると発表した。16日にマツダスタジアムで記者会見し、11月7日の阪神戦(マツダ)で引退セレモニーを開く。

 19年目の今季は3試合目の出場となった8月27日のDeNA戦(横浜)で遊ゴロを放って一塁に走る際、左脚を負傷。同28日に登録抹消されていた。3軍でリハビリを開始した9月上旬には「できることは限られているから、やれることを探してやっていく」と話していたが、実戦復帰に至らないまま、今季限りでの引退を決断。球団に申し入れて了承された。

 県岐阜商高から東北福祉大を経て、2002年ドラフト4巡目で入団。08年から4年連続で100試合以上に出場するなど、長く正捕手として活躍した。25年ぶりのリーグ優勝を飾った16年にはベストナインとゴールデングラブ賞をいずれも初受賞。18年5月にはプロ野球史上最年長となる38歳8カ月で通算千安打を達成した。

 通算成績は1619試合に出場し、66本塁打、378打点。打率2割3分6厘。1022安打は広島の捕手では最多。

【関連記事】

石原が負傷交代 会沢もベンチ外れる

【球炎】8月27日DeNA戦 相次ぐ故障者、試練の夏

19年目の石原 黙々と土台づくり

【こぼれ球】40歳石原、坂の上見つめダッシュ

カープドラフト史 2001年 1位大竹、2桁勝利4回


この記事の写真

  • 石原慶幸捕手

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 打撃不振のクロン、結果出せず「責任を感じている」 (5/13)

     得点力に悩む広島の打線でクロンがもがいている。6連敗が始まった4月28日以降の10試合で打率1割8分5厘、1本塁打、2打点と結果を残せていない。チームは現在20イニング連続無得点。大砲として期待され...

  • 床田「次回登板も粘りたい」 今季3度目雨天中止 (5/13)

     広島はノーゲームを含む今季3度目の雨天中止となった。打線が調子を落とし、20イニング無得点と投打がかみ合っていない。佐々岡監督は「こういう状況でもあるし、プラスに捉えてやるしかない。地元に帰ってまた...

  • 2年目石原、安定した捕球で評価上昇 (5/13)

     広島の石原が安定感のある捕球で評価を高めている。会沢離脱後の5試合で3試合に先発し坂倉としのぎを削る。「あたふたはしないようにやれている」と充実した表情で話した。

  • 【きょうは何の日】2010年5月14日 (5/13)

     栗原健太が球団新の9試合連続複数安打をマークした。楽天戦(マツダ)の2安打も実らず惜敗。1989年のロードンの記録を21年ぶりに更新したが、笑顔はなかった。

  • 今季8度目の無得点で引き分け 栗林は16試合連続無失点 (5/12)

    【ヤクルト0―0広島】(12日、神宮) 広島東洋カープは先発森下暢仁を援護できず、今季8度目の無得点に終わって引き分けた。 序盤の好機を生かせなかった。一回2死一、二塁では初めて5番に座ったクロンが空...