カープ

グラウンド去る意外性の男 傷心の後輩思いやる優しさ

2020/10/12 20:01

 9月2日の大野屋内総合練習場でのことだった。1週間前に尋常ではない転び方をした左脚の状態を尋ねると、意外な返事が返ってきた。「生まれたての子鹿みたいやったやろ」。心身ともに傷ついていても、冗談で場を和ませる器の大きさに心をつかまれた。
(ここまで 118文字/記事全文 375文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧