カープ

<27>コルビー・ルイス

2020/10/12

 ▽「黒田の穴」埋めた剛腕

 人は本当に苦しい時、神仏の力にすがりたくなる。2008年のカープファンもそうだった。エースの黒田博樹が海を渡り、4番の新井貴浩が阪神へ移籍。お先真っ暗の闇を、コルビー・ルイスの剛腕が振り払った。先発マウンドに仁王立ちした救世主は「神様、仏様、ルイス様」と呼ばれ、絶大な信頼を集めた。
(ここまで 155文字/記事全文 1136文字)

 ※1950〜90年代に活躍した選手の「よみがえる熱球 アーカイブ編」はこちら

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 2年続けてリーグ最多奪三振のタイトルを獲得したルイス(2008年9月15日)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

よみがえる熱球の最新記事
一覧

  • <31>黒田博樹 (11/9)

     ▽覚悟と生きざま、伝説に カープを応援する人もそうでない人も、その生きざまに心を動かされた。弱小球団のエースから「世界のKURODA」となり、やがて付けられた価値は年俸20億円。そのオファーを蹴って...

  • <30>新井貴浩 (11/2)

     ▽猛練習土台 真の4番に 球団史で最も罵声を浴びた選手かもしれない。苦しんだ4番時代はがらがらの客席からやじられ、縦じまのユニホームで現れるとブーイングの嵐。だからだろう。新井貴浩は「2015年の復...

  • <29>ブラッド・エルドレッド (10/26)

     ▽腕力と胆力 負け癖払う どでかい一発を放つ腕力を備え、仲間に一喝を入れる胆力も持ち合わせた。ブラッド・エルドレッドは常に思い切りよくバットを振り、時に個人主義へ走りがちな米国選手へ熱弁を振るった。...

  • <28>東出輝裕 (10/19)

     ▽打撃に心血 拙守を挽回 戸惑いこそが人生だとすれば、東出輝裕のプロ人生はのっけから佳境を迎える。投手として甲子園で活躍し、1999年に新世紀の正遊撃手候補としてドラフト1位入団。「高校時代は好きに...

  • <27>コルビー・ルイス (10/12)

     ▽「黒田の穴」埋めた剛腕 人は本当に苦しい時、神仏の力にすがりたくなる。2008年のカープファンもそうだった。エースの黒田博樹が海を渡り、4番の新井貴浩が阪神へ移籍。お先真っ暗の闇を、コルビー・ルイ...