カープ

石原貴、「石原軍団」解散にさみしさと決意

2020/10/16

 石原貴は「石原軍団」の解散に心を痛めている。19歳年上の石原が引退を表明。「捕球やリードなど少しずつ教えてもらっていたのに…」とさみしげだった。

 「入団直後の自主トレの時から『名前が良いなあ』と気に掛けていただいた」。名字に加えて守備位置も同じ。背番号62は石原の31のちょうど2倍。何かと縁を感じ、目標にしていた。

 一方で、決意を新たにしている。来季から「石原」姓の選手が1人になれば、登録名から「貴」がなくなる可能性が高い。「ファンの方が僕の名前を見て、『石原さん、まだおるやん』と間違われないように頑張らないといけない」。印象に残る活躍を誓う。(八百村耕平)


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

赤ヘル24時の最新記事
一覧

  • 全てを前向きに 選手を支えた「水本節」 (11/7)

     ふがいない投球は叱る。打てないと反省を促す。それでも決して選手を突き放さない。2日に辞任が発表された水本2軍監督だ。いつも「あれも経験。これも経験」と繰り返していた。 1日のウエスタン・リーグ最終戦...

  • 石原貴、天理大の後輩加入に誇り (11/3)

     ルーキー石原貴が、後輩の加入を楽しみにしている。天理大の1学年下、森浦がドラフト2位で指名され、すでに連絡を取り合った。「よろしくお願いしますと言ってきたので、わからないことがあったら言ってきてと伝...

  • 高橋昂、楽天指名の早川(早大)の存在に奮起 (10/30)

     高橋昂が「最も尊敬する左腕」とする同学年選手がいる。26日のドラフト会議で4球団競合の末、楽天が1位で交渉権を獲得した早川(早大)だ。「制球や直球のスピン、投げるテンポ。自分にないものをたくさん持っ...

  • 藤井黎、育成時代のパーカを大事に着用 (10/27)

     もう、いるはずのない背番号「121」がひょっこり現れた。支配下契約されて背番号「58」になった藤井黎が、育成時代の背番号入りのパーカを大事そうに着ていた。 肌寒い時期を迎え、選手にとっては必須アイテ...

  • 九里7勝目も「悔しさしかない」 (10/23)

     試合後に4度も同じような言葉を口にしたくらいだから、思いは相当だったのだろう。20日の阪神戦(甲子園)で7勝目を挙げた九里は完封と完投を逃したことに頭を抱え、もろ手を挙げて喜ばなかった。 ヒーローイ...