カープ

黒田博樹さん、引退の石原「安心感与える捕手だった」

2020/10/16
完封勝利を飾った黒田(右)と握手を交わす石原(2016年4月2日、マツダスタジアム)

完封勝利を飾った黒田(右)と握手を交わす石原(2016年4月2日、マツダスタジアム)

 石原とともにプレーした広島OBの黒田博樹さんと新井貴浩さんが、引退を惜しんだ。

 黒田さんは何度もバッテリーを組み、その存在感の大きさを感じたという。「サイン交換の指先一つでこちらに安心感を与える捕手だった。縁の下でチームを支え、若い投手を育てることを心掛けていたと思う。激務の捕手を長く続けるのは大変なこと」と労をねぎらう。

 新井さんは、黒田さんとともに2015年に広島復帰した際、チームメートとの橋渡し役を担ってもらったという。「僕のことを知らない若手との間をつないでくれた。苦しい思い出の方が多いが、一緒に優勝できたことがうれしい」と懐かしんだ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 九里や羽月ら5選手が更改 (12/4)

     広島の契約更改交渉が4日、広島市南区のマツダスタジアムなどであり、5選手が臨んだ。

  • 「本当にいい評価」 九里、重みかみしめ (12/4)

     九里は1500万円増の重みをかみしめた。「このご時世で難しいシーズンでもあったが、本当にいい評価をしてくれた」。7年目で初の規定投球回到達となる130回2/3。防御率も2・96とステップアップの1年...

  • 盛り上げ役にも評価? 羽月はにかむ (12/4)

     200万円増となった羽月は「2年目にしてはよくやってくれたと言ってもらった。来年も頑張ろうと思った」と襟を正した。

  • 【きょうは何の日】1994年12月5日 (12/4)

     球団で初めてフリーエージェント(FA)移籍した川口和久が、巨人と正式契約した。巨人戦33勝は現役最多。長嶋茂雄監督は「もう彼に負けることはない」

  • 九里、1500万円増の8700万円で更改 「来季は170イニング目指す」 (12/4)

     広島の九里亜蓮投手(29)が4日、広島市南区の球団事務所で契約交渉に臨み、1500万円増の8700万円で更改した。 今季は初めて規定投球回数に達し、8勝6敗、防御率2・96。セットポジションで投げ始...