カープ

黒田博樹さん、引退の石原「安心感与える捕手だった」

2020/10/16 20:55
完封勝利を飾った黒田(右)と握手を交わす石原(2016年4月2日、マツダスタジアム)

完封勝利を飾った黒田(右)と握手を交わす石原(2016年4月2日、マツダスタジアム)

 石原とともにプレーした広島OBの黒田博樹さんと新井貴浩さんが、引退を惜しんだ。

 黒田さんは何度もバッテリーを組み、その存在感の大きさを感じたという。「サイン交換の指先一つでこちらに安心感を与える捕手だった。縁の下でチームを支え、若い投手を育てることを心掛けていたと思う。激務の捕手を長く続けるのは大変なこと」と労をねぎらう。

 新井さんは、黒田さんとともに2015年に広島復帰した際、チームメートとの橋渡し役を担ってもらったという。「僕のことを知らない若手との間をつないでくれた。苦しい思い出の方が多いが、一緒に優勝できたことがうれしい」と懐かしんだ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • タイムリー欠乏症の打線 鍵はつなぐ意識 (5/6)

     広島の打線がタイムリー欠乏症に陥っている。1分けを挟んで6連敗中の7試合は1試合平均1・86得点。得点圏打率は1割5分4厘と振るわない。朝山打撃コーチは「なかなかつながりを欠いて点が入らない状況が続...

  • 玉村、プロ初勝利誓う 「緩急付けて押していく」 (5/6)

     2年目左腕の玉村がプロ初勝利に向け、一発封じを誓った。初登板だった4月29日のDeNA戦は2本塁打を浴びるなど5回5失点で初黒星。「カーブやチェンジアップをうまく使っていきたい。緩急を付けながらどん...

  • 【きょうは何の日】2006年5月7日 (5/6)

     ブラウン監督が一塁ベースを放り投げた。中日戦(広島)で先発ロマノが退場処分。審判団への抗議が聞き入れられず、意図的なパフォーマンスでナインを鼓舞した。

  • 高橋昂、6回1失点の好投も援護なし (5/5)

    【広島―巨人】(5日、マツダスタジアム) 広島東洋カープの先発高橋昂也が6回を投げ、4安打1失点と好投した。 カットボールとフォークがさえ、6三振を奪った。最大のピンチは0―0の四回。無死から坂本とウ...

  • 【きょうは何の日】2017年5月6日 (5/5)

     球団史上最多の9点差を守れず、逆転負けを喫した。甲子園の阪神戦、岡田明丈が六回に乱れ、中田廉や薮田和樹も打ち込まれた。1995年以来、2度目の屈辱だった。