カープ

10月18日中日戦 認め合う主軸の2人

2020/10/18

 その昔、山本浩二さんと衣笠祥雄さんは普段から頻繁にしゃべることは少なかったと聞く。胸に秘めたライバル関係。同い年の好打者という間柄ではあるが、今の時代ではだいぶ違う。西川に鈴木の打撃を聞くと、こう言う。「誠也は投手との間合いを全部自分に引き寄せる。俺はできへん」
(ここまで 132文字/記事全文 507文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

球炎の最新記事
一覧

  • 10月31日中日戦 「当たり前」貫くプライド (10/31)

     目的のない旅が始まった。巨人が優勝した10月30日の夜、鈴木はこう口にした。「どうやったら集中力を高めて試合に臨めるか、最近ずっと悩んでいた」。少し前まで上位にいるのが当然だった選手が見せたこの状況...

  • 10月30日中日戦 動揺誘った機動力野球 (10/30)

     見たかったカープの攻めをここに見た。最後の猛打爆発ではない。一回1死一塁、一塁走者田中の二盗が速い。そのスタートは、マウンドのロドリゲスが投球動作に入るよりも前。その自信から察するに、間違いなく投手...

  • 10月29日ヤクルト戦 50試合登板、飛躍の塹江 (10/29)

     塹江の練習している姿に頭が下がる。なぜならよく投げる。この日も救援陣のトレーニングを終えると一人だけ居残ってキャッチボール。30球ほど全力で投げ、横山投手コーチと右手の差し出し方を話し合っていた。そ...

  • 10月28日ヤクルト戦 守り勝つ野球、成熟期待 (10/28)

     じわりとラストスパートに入った。今月は13勝9敗2分けとし、月間勝ち越しを決めた。5勝3敗1分けだった6月以来の白星先行。防御率3・49と大崩れしない投手陣がシーズン最終盤での巻き返しの要因である。...

  • 10月27日ヤクルト戦 大盛の三振は伸びしろ (10/27)

     しゃにむにバットを振る1番大盛の姿に潔さを感じた。自分の長所と短所を肝に銘じているからだろう。1ストライクまでは打率4割6分8厘と強いが、追い込まれると1割4分1厘と弱い。4度の打席で見逃しストライ...