カープ

【注目!Cファーム】神田康秋’S VOICE ストライクゾーンで勝負

2020/10/23 8:18

 ことしは1、2点リードの接戦でリリーフ陣が四球を出して傷口を広げ、逆転か引き分けにされるパターンが多い。17日に森下投手が先発した中日戦がまさにそうだった。ウエスタン・リーグで13連敗したときも、救援の四球がかなり目立った。
(ここまで 113文字/記事全文 586文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

ファーム情報の最新記事
一覧