カープ

佐々岡監督「ほっとした」 カープ1位栗林投手の交渉権獲得

2020/10/26
広島から1位指名され目標を掲げるトヨタ自動車の栗林(撮影・安部慶彦)

広島から1位指名され目標を掲げるトヨタ自動車の栗林(撮影・安部慶彦)

 プロ野球のドラフト会議が26日、東京都内であり、広島東洋カープは即戦力の先発候補としてトヨタ自動車の栗林良吏(りょうじ)投手(24)=右投げ右打ち=を単独で1位指名し、交渉権を獲得した。完成度の高さではアマチュアナンバーワンの呼び声もある本格派右腕。1年前にドラフト1位で獲得した森下暢仁投手に続く、ルーキー投手の活躍に期待が膨らむ。


【写真】広島から1位指名され、赤い帽子をかぶって喜ぶ栗林投手

 愛知県出身の栗林投手は最速153キロの直球とフォーク、カットボール、カーブを操る。リリースポイントが高く、上からたたきつけるように捕手へと投げ込むスタイルだ。愛知黎明高から進学した名城大では、3年時に大学日本代表を経験。大学卒業時にも広島は有望選手として調査していた。トヨタ自動車では1年目から主戦として活躍。2年目のことしも11月22日に開幕する都市対抗大会の出場権獲得に貢献した。

 今季の広島はここまで、チーム防御率がリーグ5位の4・30。先発陣は森下が9勝を挙げる一方、実績がある投手が軒並み不調に陥った。栗林投手が加われば、若返りが進む先発投手全体に刺激を与える存在となりそうだ。

 佐々岡監督の話

 くじを覚悟していた。やはりほっとした。うれしい。全てにおいて素晴らしい投手。直球は強さがある。変化球もコントロールがいい。昨季のドラフト1位の森下と同等の活躍をしてくれると思う。先発もリリーフもどこでもできる。(起用法は)会って話をしたい。


 有力選手・関連記事はこちら


【関連記事】

ドラフト2位に天理大の森浦投手指名 床田以来の大卒左腕

ドラフト3位、八戸学院大の大道投手を指名 即戦力へ期待

カープ注目選手 早川(早大)佐藤(近大)高橋(中京大中京高)軸か

東海大、ドラフト会見中止 部員の大麻使用受け

【プロ野球】投手、高橋・中森が上位か 野手は来田・小深田ら注目 ドラフト会議・高校生指名予想



  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 九里や羽月ら5選手が更改 (12/4)

     広島の契約更改交渉が4日、広島市南区の球団事務所などであり、5選手が臨んだ。

  • 「本当にいい評価」 九里、重みかみしめ (12/4)

     九里は1500万円増の重みをかみしめた。「このご時世で難しいシーズンでもあったが、本当にいい評価をしてくれた」。7年目で初の規定投球回到達となる130回2/3。防御率も2・96とステップアップの1年...

  • 盛り上げ役にも評価? 羽月はにかむ (12/4)

     200万円増となった羽月は「2年目にしてはよくやってくれたと言ってもらった。来年も頑張ろうと思った」と襟を正した。

  • 【きょうは何の日】1994年12月5日 (12/4)

     球団で初めてフリーエージェント(FA)移籍した川口和久が、巨人と正式契約した。巨人戦33勝は現役最多。長嶋茂雄監督は「もう彼に負けることはない」

  • 九里、1500万円増の8700万円で更改 「来季は170イニング目指す」 (12/4)

     広島の九里亜蓮投手(29)が4日、広島市南区の球団事務所で契約交渉に臨み、1500万円増の8700万円で更改した。 今季は初めて規定投球回数に達し、8勝6敗、防御率2・96。セットポジションで投げ始...