カープ

ドラフト3位、八戸学院大の大道投手を指名 即戦力へ期待

2020/10/26

 プロ野球のドラフト会議が26日、東京都内であり、広島東洋カープは八戸学院大の大道温貴(はるき)投手(21)=右投げ右打ち=を3位指名した。先発、救援ともこなせるタイプで即戦力として期待される。

 春日部共栄高(埼玉)から進学。ダイナミックな腕の振りから150キロの直球、スライダーやカットボール、チェンジアップを駆使する。今秋のリーグ戦では2度のリリーフを含めて6試合に登板。3完封を果たして最優秀防御率賞(0・25)に輝いた。

 広島投手陣は床田やケムナ、島内など上〜中位で指名した大卒投手が台頭。大道が加われば投手陣再建へ弾みがつく。担当の近藤スカウトは「ストレート、カット、スライダー全ての球種にキレがある。先発、中継ぎのどちらも担える投手」と評価する。


 有力選手・関連記事はこちら


【関連記事】

佐々岡監督「ほっとした」 カープ1位栗林投手の交渉権獲得

ドラフト2位に天理大の森浦投手指名 床田以来の大卒左腕

カープ注目選手 早川(早大)佐藤(近大)高橋(中京大中京高)軸か

東海大、ドラフト会見中止 部員の大麻使用受け

【プロ野球】投手、高橋・中森が上位か 野手は来田・小深田ら注目 ドラフト会議・高校生指名予想


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 西川・小園ら6選手が更改 (12/3)

     広島の契約更改交渉が3日、広島市南区の球団事務所などであり、6選手が更改した。

  • 西川、初の減俸に悔しさ (12/3)

     5年目で初の減俸となった西川の表情には悔しさがあふれていた。「野球をやった感があまりない。いいイメージが全くない。けがとの闘い。そんな一年だった」。交渉時間はわずか12分。不完全燃焼に終わった今季を...

  • 小園「広輔さん追い抜けるよう頑張る」 (12/3)

     小園は200万円のダウンをしっかりと受け止めた。「悔しい一年だった。来季は絶対に1軍で活躍できるよう巻き返したい」と力を込めた。

  • 「もう無理ですとは伝えた」 西川一問一答<上> (12/3)

     500円減の年俸6300万円で更改した西川の一問一答は次の通り。(金額は推定) ―球団からの評価は。 今年はほとんど試合も出ていないし、ケガしたね、みたいな感じでした。 ―金額に納得していますか。 ...

  • 「目標数字決めたらろくなことない」 西川一問一答<下> (12/3)

     ―今季はプロ初の4番も務めるなど、いろんな打順で結果を残しました。打順へのこだわりは。 こだわりはない。新しい外国人選手も来ますし、カープはいい打者が多い。どこを任されてもいいように準備はしますけど...